お客様の声

リフォームをご提案させていただいたお客様に、撮影時やお打ち合わせの後、お引き渡しの際などにお聞きした「声」です。なぜクラフトに決めていただいたのか、お打ち合わせはどうだったか、実際に出来てお住まいになっての住み心地はどうかなど、リアルな声をインタビュー。

お客様インタビュー

過去のインタビュー

こちらは過去のインタビューになります。現在はリノベーションスープにてお客様インタビューを更新しています。

CASE 10

インタビュー対象:ご夫婦 40代
築19年、マンション 66㎡
夫婦 #384
384_I Q. クラフトはどこでお知りになりましたか。 A.奥さま)インターネットでいくつかのリフォーム会社を調べていたんですが デザイン実例がどこよりもキレイで、印象に残っていたのがクラフトさんでした。 その後、青山モデルルームを見学して雰囲気がとても気に入ったので ひとまずお見積とプランをお願いすることに。 ご主人さま)実は、その時点では数社のリフォーム会社に相談していたんです。 「お風呂を広くしたい」という希望は、どの会社のプランにも取り入れられていたんですが、 リビングと寝室に画期的な動線を設けた、独創的なプランを提案してくれたのは クラフトさんだけだったので、図面を広げて 「やっぱりここにお願いしたい」と、妻に言いました。 リビングの奥まったところに本棚があり、その先は寝室に続いています。 本棚がクランクしているから、寝室の引き戸を開け放していてもLDKから見えませんし、 いつでも本を取り出せ、ちょっと立ち読みもできる便利なスペースです。 グレーで統一したLDKから、自分たちでペイントした寝室のグリーンの壁がさわやかに見えると あたたかい気持ちになりますよ。 Q. ご夫婦でインテリアがお好きなのだそうですね。素材選びも大変だったのでは? A.奥さま)名古屋モザイクのショールームは東京にもあるんですが、 せっかくだからと思って、名古屋まで見に行ってきました。 サンプルのタイルを持ち帰り、朝見て、昼見て、夜は照明の明かりの下で見て。 印象の違いをことごとく観察し、どのタイルならイメージにぴったりかを選んでいきました。 小さいタイルだとイメージがわかず、選ぶのが大変だったけど デザイナーさんに相談しながら、理想のテイストに合うようなタイルに決めることができました。 Q. LDKの中央にあるキッチンは、オーダーされたとか。 A. ご主人さま)夫婦で料理が好きなので、たくさんのショールームを訪れてメーカーを選びました。 天板はステンレスのバイブレーション、側面はダークブラウンの木板パネルで、とてもクール。 フライパンやお皿をさりげなく置いただけで様になります。 サイズとデザイン、素材にこだわった、お気に入りのキッチンです。 奥さま)フラットで掃除がしやすいことも嬉しいですね。 キッチンをどうレイアウトするかをすごく迷いましたが リビングとダイニングから出入りしやすい配置にしてよかったです。
お住まいを見る

CASE 9

インタビュー対象:ご夫婦
築40年、木造一戸建て100㎡
夫婦+子ども2人+猫 #301
301_I Q. なぜ新築ではなく、リフォームを選択されたのでしょうか。 A.ご主人さま)こちらの木造一戸建てには、もともと祖父母が暮らしていました。 私たちはマンションで暮らしていたのですが、譲り受けることになりまして。 築40年でかなり劣化が進んでいたので、当初は建て替える予定だったのですが いろいろ調べていくうちに、建て替えだとセットバックが必要で面積が狭くなってしまうことがわかり このままの広さを確保できるリフォームが視野に入ってきたんです。 Q. 数社に見積もりをとられていたようですが、クラフトの決め手はどこにありましたか。 A.ご主人さま)デザインにも多少こだわりがありましたから、 見積もりを取った4社のうち、デザイン性が一番よいと感じたクラフトにしました。 それに、営業の方がこまめに連絡をくれたことも信頼感につながったと思います。 Q. ご夫婦それぞれのこだわりがあったそうですね。 A.奥さま)私はキッチンにこだわりました。 オープンにしていただいたおかげで、料理中も子供に目が届き、LDを見渡せるようになりました。 バルコニーが視界に入るので開放感を感じ、ずっとここに立っていても苦になりません。 ご主人さま)私はお風呂です。身長が高いのでゆとりを持たせ、 家族みんなで入ることができる広さにしてもらいました。 冬は寒いので、後から浴室ヒーターを入れました。最初から入れればよかったなと思います。 Q. リフォームして暮らしは変わりました。 A.ご主人さま)家族みんなが一緒に過ごすことが多くなりました。 子供たちも自室にこもらず、居心地がよいリビングに集まってくるんです。 休日はバルコニーで、バーベキューをしたり、魚を焼いたりして盛り上がっています。 自宅でたのしめるようになったので、以前のように出かけることが少なくなったような気がします。
お住まいを見る