フラット35

民間金融機関は短期の資金を運用しているため、長期固定金利型の住宅ローンを提供することは難しくなっています。しかし、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携することにより、民間金融機関でも長期固定金利住宅ローン「フラット35」を提供できるようになりました。資金の借り入れから返済終了までの返済額の固定と、最長35年間の返済期間によって、ご自身のペースで無理のないご返済が可能。借り入れ時の保証金、保証人の必要もありません。また、「フラット35」の条件の一つに「リフォーム瑕疵保険」への加入があります。これはリフォームの瑕疵を防ぐために、住宅金融支援機構が独自に定めた技術基準に基づいて、専門家が検査を行うというもの。リフォームの工事内容を保証してくれるため、お施主さまにとっても大きなメリットとなります。一定の条件をクリアすることで、誰でも気軽に利用できる「フラット35」。物件購入費用とリフォーム費用を合わせて借り入れられるため、お手持ちの現金が少なくても理想の暮らしを実現します。

ご参照サイト:住宅金融支援機構

フラット35

中古物件とリフォームの費用を一括してローンを組む「フラット35」。全期間固定の低金利で最大35年の借り入れが可能で、余裕のある返済計画を立てることができます。リフォーム完了後の瑕疵を保障、また未然に防止するために、リフォーム瑕疵保険への加入が必須となっていて安心です。