ローンについて

リフォーム費用の融資を受ける方法の一つに、金融機関が提供しているリフォームローンがあります。そのうち「有担保型」と「無担保型」があり、「有担保型」は借り入れ条件が厳しい反面、「無担保型」よりも低金利。「無担保型」は担保なしでも借りることはできるものの、金利が高く、返済期間が短く、さらに借入金も少ないというデメリットがあります。さらに、「変動タイプ」と「固定タイプ」のどちらの金利を選ぶかによって、返済額が大きく異なります。「変動タイプ」は経済状況で金利が変動しますが、「固定タイプ」よりも低金利です。「固定タイプ」は完済するまでの間、一定の金利で固定され、景気に左右されることはありませんが、「変動タイプ」よりも高金利。ご自身の返済能力を考慮しながらじっくり考え賢くローンを組みましょう。

リフォーム費用のローンは、金融機関や商品によって金利や返済期間が異なります。リフォームローンのそれぞれの特徴をきちんと理解し、返済可能な範囲で借り入れしましょう。また、リフォームローンは住宅ローンと相違点があります。金融機関によりますが、リフォームローンは金利や返済期間が住宅ローンとほぼ同じ条件の「担保型」に加え、「無担保型」も選べるということが大きな違いです。「無担保型」は「担保型」よりも金利が2%ほど高く、借り入れ可能額も少なく、返済期間も短くなります。その代わり、担保や保証人がいらないというメリットがあります。

まだ住宅ローンの残債が残っていても、リフォーム費用と残債を併せて住宅ローンで借り換えられるケースもあります。住宅ローンは低金利で返済期間が長く、リフォーム費用が高額でも負担が軽くなります。ただし、建物が違反建築の場合、住宅ローンの借り入れはできません。また、親や親族の名義だと借り入れに条件が付きます。その点も含めて事前にリフォーム会社に相談しましょう。

ローンについて

リフォームのローンは、金融機関や商品によって金利や返済期間が異なります。リフォームローンの借り入れをご検討の方は、それぞれの特徴をきちんと理解しながら、お得に、無理のない範囲で借り入れしましょう。ローンを含む資金計画についてもクラフトがご相談を承っています。