ラフと上質が交差する
大人のインダストリアル空間

古い煉瓦の壁、コンクリートの天井、むきだしの配管。かつて工場や倉庫だった時代の名残りを感じる、ロフトアパートメントのように。無骨さのなかに整然としたシルエット、洗練された美しさを感じさせるのが、クラフトのインダストリアル空間です。“ラフ”と“上質”の相反するバランスを保ちつつ、クールで居心地よい住まいにリフォームします。

  • インダストリアルリフォーム
  • インダストリアルリフォーム
  • インダストリアルリフォーム

インダストリアルな空間で暮らす

  • マンション/築22年/52㎡/事例#415

    インダストリアルな空間にリフォーム。床はモルタル塗り、壁には白く塗ったアンティーク煉瓦、天井・梁はコンクリート躯体をあらわしに。また黒皮鉄や古材など無骨な素材感を散りばめています。ワンルームと上質な水回りにより、ホテルライクな暮らしやすさも実現。

  • 築7年/マンション/69㎡/事例#381

    床にはエイジング加工のフローリング、壁にはアンティーク煉瓦を貼り、古い柱のような趣に。さらに一部の壁を特殊塗装し、吹きさらしで錆びてしまった鉄板のように仕上げています。クールで無骨ながらも、上質さがただよう大人のインダストリアルな空間です。