“鉄骨リフォーム デザイン事例 #277 文京区”

東京都 夫婦 築20年 98㎡ 1027万円

視線が抜ける大きなワンルームのようにリフォーム。遮るものがない暮らし

実家が所有するビルの2階と3階に移り住むこととなりましたが、もともと事務所だったため、暮らしに必要な設備がありませんでした。ご夫婦2人に丁度よいシンプルな間取りをご希望だったことから、間仕切り壁をできるだけ設けず、端から端まで視界が抜けるワンルームのように仕上げて開放感をもたらしています。構造上なくせない柱と下がり天井にはグレーのクロスを貼り、空間にメリハリを持たせると同時に、実際以上の広がりを感じさせています。床材を張り分けることで視覚的にエリアを区分したこともポイントです。WICや本棚といった収納を充実させ、PC作業に集中できる書斎スペースも設けるなど、大人がゆったりとくつろげるような心地よさを追求しています。

BEFORE

AFTER

電話で相談する 相談会フォーム