物件探しからリノベーションまで
トータルにサポートします。

持ち家をリノベーションする。中古物件を購入してリノベーションする。
リノベーションには大きく2つのパターンがありますが、
近年は後者を選ぶお客様も増えてきています。
この場合、物件購入とリノベーションを別々の会社で頼むケースがほとんどですが、
ひとつの会社で頼めば、実は様々なメリットが生まれます。
クラフトでは、物件探しからリノベーションまでトータルにサポート。
あなたの理想の住まいづくりを叶えます。

中古物件購入+リノベーションの流れ

  • 探す

    まずは予算、立地、専有面積など、
    お客様の購入条件をヒアリング。
    その上で、レインズなどの不動産売買
    サイトや独自のネットワークを駆使して、
    ご希望に合った物件を探します。

  • 調べる

    クラフトでは、お客様のご希望に
    合った物件を見つけても
    すぐにご紹介しません。
    インスペクションの資格を持った
    スタッフがその物件を調査し、
    品質を徹底的に確認します。

    ※物件の状況より調査が
     できない場合も
     ございます。

  • プランニング

    私たちの基準をクリアした
    物件が見つかったら、
    次は、お客様からヒアリングした
    内容を基に、どのように
    リノベーションするか
    ラフにプランニング。
    大まかな間取りと3Dで空間の
    イメージを制作します。

  • 紹介する

    ラフプランと概算見積とともに
    お客様に物件をご紹介。
    リノベーション後の空間を
    イメージしやすいので、
    物件購入の判断をスムーズ
    にすることができます。

  • 購入する

    購入が決定したら、不動産売買契
    約をはじめ、ローンのご契約、
    保険の手続きなど、様々な業務を代行。
    お客様の手を煩わせることななく、
    安心して購入いただくために
    手厚くサポートします。

  • リノベーション

    ご購入後は、具体的なプランニングを
    ご提案。プラン確定後、
    工事請負契約を交わし施工。
    工事完了検査後にお客様へお引き渡し
    いたします。

※物件の状況により順序が前後する場合がございます。

イメージ

物件探しから頼むから、コストも品質も安心。

では、物件探しからリノベーションまでひとつの会社で行うと
どのようなメリットが生まれるのでしょうか。
ここでは、気になるコストと品質、2つの面からメリットをご紹介。
住まいの買い替え・住み替えをする方にとって、
中古物件購入+リノベーションは、まさに賢い選択肢のひとつといえます。

イメージ

コストのメリット

より良い条件で購入できる

通常の仲介業者は、買い手(購入者)と売り手(売却者)の両者がお客様となります。
従って両者に納得してもらうことを優先するので、買い手だけに有利な条件を
提示することは中々できません。しかしクラフトの中古物件購入+リノベーションなら、
お客様は買い手だけになるので、純粋にお客様のメリットを追求した
価格交渉をすることができます。

ローンを一本化できる

リノベーション費用をローンで組むとなると、通常は比較的金利の高い
ローンになってしまいます。しかし、一定の要件を満たせば、物件購入代金と
合わせてリノベーション費用も住宅ローンで一本化することが可能です。
これによって、長期に低金利で借入ができるので、
物件を購入してからリノベーションを頼むより、中古物件購入+リノベーションはお得といえます。

イメージ

品質のメリット

品質の確かな物件をご紹介

仲介業者が紹介する物件は、管理会社や施工会社が規約に基づいて行う定期点検と
メンテナンスの履歴でしか、建物の状態を知ることができません。中古物件購入+リノベーションなら、
インスペクションの資格を持ったスタッフが物件を調査。雨漏りの跡や構造部分まで確認して、
建物の品質を見きわめてご紹介します。

最適なプランをご提案

仲介+リノベーションでは、プランニングを行う建築士が物件探しの段階から参加。
また品質チェックも行うので、単なる間取りのプランニングやデザインだけではなく、
長く安心して暮らすための構造的な工事の必要性まで含めてご提案します。

クラフトの中古物件購入+リノベーションを
利用されたお客様の実例をご紹介します。

当然のことながら、お客様によって中古物件購入+リノベーションに求められる
ご要望は実に様々です。ここでは世代も家族構成も異なる
3世帯のお客様の実例をご紹介します。

  • A邸(東京都世田谷区)物件費用7,000万円 +リフォーム費用1,300万円 諸費用=トータル費用8,895万円
  • B邸(東京都武蔵野市)物件費用6,000万円 +リフォーム費用1,400万円 諸費用=トータル費用7,919万円
  • C邸(東京都港区)物件費用12,000万円 + リフォーム費用3,200万円 諸費用=トータル費用16,084万円
イメージ

ご購入時も、ご購入後も、安心の手厚いサポート。

新築物件に比べると中古物件の購入には、保証をはじめ、
ローンや税金などの面で何かと不安がつきまとうものです。
クラフトでは、これらの不安を解消するために、様々な制度やサービスをご紹介。
お客様に安心して購入していただくために、手厚くサポートいたします。

主なサポート内容

保 証

既存住宅瑕疵かし保険とリフォーム瑕疵かし保険のご紹介。
イメージ

中古住宅の個人間の売買契約では、そのほとんどが現状有姿=保証なしとなります。
例えば、引渡し後に雨漏れなどの瑕疵(欠陥・不具合)が見つかった場合、
買主が自己負担で修繕しなくてはなりません。このような不安を解消するのが、
瑕疵の修繕費を最大1,000万円までカバーする既存住宅瑕疵保険です。
同様にリフォーム後に不具合があれば、
最大1,000万円まで保証されるリフォーム瑕疵保険もあります。
この保険を利用するには、保険法人に登録している事業者を通じて
契約しなくてはなりません。クラフトは登録事業者なので、既存住宅瑕疵保険、
リフォーム瑕疵保険ともにご利用いただくことが可能です。

※一定の検査基準をクリアした物件が対象となります。


ローン①

ローンを一本化できる金融機関をご紹介。
イメージ

リノベーション費用をローンで組むとなると、通常は比較的金利が高く、
借入期間も短いローンになります。しかし一定の要件を満たせば、
物件購入代金とリノべーション費用を住宅ローンで借りることができます。
住宅ローンなら、借入上限金額も高く、期間も最長35年なので、
ゆとりをもった返済計画が立てられます。

返済期間が短いので当初の負担が大きくなりがち

低金利で返済期間が長いので無理なく返済


ローン②

お得なローンを利用できる証明書を取得。
イメージ

フラット35は最長35年、長期固定金利のお得なローン。このローンを
利用するには、建物の断熱性能や耐久性などの一定の基準をクリアした
ことを証明するフラット35適合証明書を取得しなければなりません。
中古物件購入+リフォームなら、物件探しの段階から専門家が関わり、
状態のよい物件をご紹介するので、フラット35適合証明の取得も容易です。


税 金 ①

耐震基準適合証明書で、住宅ローン減税の要件を緩和。
イメージ

住宅ローン減税は、ある一定の要件を満たすと所得税や住民税が控除される
とても有利な税制です。しかし制度の対象外となる築年数の物件は、
この恩恵を受けることができません。ただし、耐震基準適合証明書があり、
なおかつ既存瑕疵保険に入っていれば築年数の要件を緩和することができ、
住宅ローン減税を受けることが可能になります。


税 金 ②

住宅購入にかかる税金を軽減。
イメージ

新築、中古を問わず、不動産購入時には様々な税金がかかります。しかし、
一定の要件を満たすことで税金を軽減することができます。クラフトでは
これらの減税措置を受けられるよう、サポートします。

例)耐震基準適合証明書の取得で
 登録免許税:建物所有権移転2.0%→0.3% 抵当権設定0.4%→0.1%