298t

“スケルトンリフォーム デザイン事例 #298”

川崎市 夫婦 築20年 80㎡ 2014万円

暮らしの中心にキッチンを据え、夫婦2人の暮らしをシンプルに、心地よく

お子さまの独立後、ご夫婦2人でゆったりと過ごせる住まいにリフォームしました。最低限の部屋数で開放感あふれる空間をご希望だったため、間仕切りをなくし、いくつかの居室と廊下を取り込んで大空間のLDKを新設。ロフトの壁を手すりに変えたことで、縦にも横にも視界が抜け、バルコニーからの光と風が住まい全体に行き届くように。リビングの面積を広くするため、キッチンにはダイニングテーブル代わりのカウンターテーブルを造作。構造上撤去できなかった柱は、キッチンを引き立てるフレームとして活用しながら、モダンなインテリアに仕上げました。キッチンを住まいの中心としたレイアウトは、時々遊びに来るお孫さんにも目を配りやすく、奥さまの家事効率も高めてくれます。

BEFORE

AFTER