別荘よりも、セカンドハウスの時代?!

いよいよ11月後半、年末ムードが出てきました。
「年末年始は別荘で過ごす予定」という方もいらっしゃるようで
うらやましい話です。

そんな特別な時間を過ごす別荘も素敵ですが
最近では『セカンドハウス』という考え方が定着しています。

「セカンドハウス?別荘と違うの?」

と思うかもしれませんが…微妙に違います。

〈別荘〉は夏休みや年末など年に数回だけ利用するのに対し
〈セカンドハウス〉は毎週末、少なくとも月に1回は過ごします。

つまりセカンドハウスは、別荘ではなく『第二の家』という考え方です。

 
(詳しいリノベーション事例はこちらから)

というわけで、セカンドハウスのエリアはわりと限定されてきます。
湘南エリアや房総エリアといった、都心から車で1時間程度の距離に
セカンドハウスを購入する方が多いです。
頻繁に行き来することを考えると、これくらいの距離が限度かもしれません。

とくに鎌倉・逗子・葉山などは昔から有力者の保養地として栄えていたこともあり
ハイグレードなグレード中古マンションが多いことが特徴です。
決してお手頃とは言えませんが、都内に比べると多少の割安感があり
何より湘南の海というオーシャンビューを身近に感じるという
最大のメリットを享受しながら、家族や友人と過ごせるので、人気が高い様です。

たとえばこちらの方は、逗子の築41年のマンションを購入し
セカンドハウスにリノベーションしました。

 

窓の外には美しい海の景色が広がります。
この景色がどこからでも眺められるように、廊下や寝室を壁で仕切らずに
大きなワンルームのようにプランニングしました。

 

玄関のドアを開けると、視線の先には海の景色が。

週末をご家族で過ごすのはもちろんのこと、
親しい仲間を招いてホームパーティーを催す計画もあるとか。
逗子エリアなら、友人や親戚も集まりやすいですね。

(詳しいリノベーション事例はこちらから)

そしてもう1つ、都心にセカンドハウスを持つケースも。

 

港区の築22年のコンパクトなマンションを購入し、セカンドハウスにリノベーション。
ご自宅とは趣を変えて、インダストリアルな雰囲気に。
モルタル、コンクリート、古材、黒皮鉄といった無骨な素材が
NYのSOHOのようなイメージとなっています。

お酒を飲んで遅くなった日は、こちらのセカンドハウスに帰宅。
友人や親戚が遊びに来た時のゲストルームとしても使えます。
(詳しいリノベーション事例はこちらから)

ライフスタイルの充実が重要視され、だんだんと身近になってきたセカンドハウス。
別荘よりもカジュアルな使い方ができることもあり、使用頻度も多くなります。

お好きな街に、もう1つの家を持つ。
ご自宅ではやらないような間取りやデザインにチャレンジできるのも
セカンドハウスの醍醐味のひとつです。

セカンドハウスのリノベーションは、ぜひクラフトにご相談下さい。

*よろしければこちらの記事もお読みください*
『都心にセカンドハウスを。贅沢な日常のつくり方』
『40代のセカンドハウス。週末だけのリゾートライフ』

大工さんの造作家具

今回は、現場で造作家具をつくることになりました。

造作家具とは、現場で大工さんがつくる造り付けの家具のこと。
たとえば普通の家具は、工場でつくられたパーツを現場で家具屋さんが組み立てます。
(これは『家具工事』と言います)

一方で造作家具は、板のカット~組み立て~設置までを、すべて大工さんが現場でやってくれます。
シンプルな構造のものに限りますが、古材や足場材など個性的な材料を使うこともできますし
デッドスペースもなく、ジャズトサイズで納まります。

 

今回造作したのは、玄関の吊り戸棚です。

壁と壁の間の幅、奥行きを採寸し、その長さに合わせて板をカット。
これから組み立てて行きます。

ジョイント部分には『ほぞ』(木材の突起)を使用。
市販のほぞのサイズに合わせて”ほぞ穴”を開け、接着剤で固定します。

 

さらに、ビスでしっかりと固定。

 

背板を合わせ…

 

こちらもビスで固定し、完成です。

 

あとは玄関前に設置していきます。
 

大工さんの仕事はここまで。扉は、建具屋さんに依頼します。

とても手際のよい大工さんがちゃきちゃきやってくれたので、写真だと簡単に見えますが
スペースを採寸したり、木材をカットしたりと、実はわりと大変です。

しかし、サイドにはほとんど隙間がありません。これが造作家具のすごいところです。
ここまでピタッとハマると、気持ちがいいですね。

施工担当:山田

2017 9/27 9:50 Posted by 施工

朝日ウッドテック『クールジャパン』を施工しました

今回は、壁の仕上げに「クールジャパン」を貼る計画です。
「クールジャパン」とは、朝日ウッドテックが出している木質ボーダー材の商品名です。

 

国産の無垢材パネルで、木目や節も自然のもの。
凹凸加工されているため、木肌の風合いをダイレクトに感じることができます。

下地に黒い受けを取り付け、それに材料を引っ掛けて積み上げていくような納まりです。

 

文章にしてしまうとそれだけなのですが、一つ一つが無垢の接ぎ材で出来ている材料で、
多少の誤差や反りがあり、実際は微調整をしながらレベルを見て慎重に貼っていく必要があります。
慣れもあるのでしょうが、スムーズに進む感じではありません。

 

天然木に調湿効果があることは皆さんご存知かと思いますが
こちらのパネルの裏に隙間を取るのは、より調湿効果を高める狙いがあります。

 

貼りあがってくるとこのような仕上がりです。
 

自然光のもとでは、ナチュラルな木の風合いがたのしめますし、
間接照明のもとでは、陰影が生まれて印象ががらりと変わります。
    
天然木のため、少しずつ経年変化していくことも特徴。
これも楽しみの1つですね。

施工担当:松尾

2017 9/13 9:39 Posted by 施工