セラミックスクリーンは積み上げるだけ?

今回、珍しい納まりのセラミックスクリーンをおさめました。
セラミックスクリーンとは、磁器質の化粧ブロックを重ね合わせてつくる衝立てのこと。
ひとつひとつに曲線があるため、積み上げるとやわらかい雰囲気に仕上がり
同時に抜け感も生まれます。

 

よくホテルのエントランスやロビーなどで見かけることがあります。

今回は、マンションを住まいから事務所にリフォームすることになり
玄関とダイニングの間仕切りにセラミックスクリーンを使用しました。

施工方法は、というと、ブロックをただただ積み上げていくという作業なのですが
高さが約2.4m、幅約1.5m程度の大きさのになるため、使用するブロックが約500個もあります。

今回の施工の難しい点は、一つ一つの精度をしっかりとキープしなければいけないということ。

ブロックには最初から丸い穴が開いており、それを一つひとつ鉄のパイプに通して積み上げていくのですが、
ブロックが500個もあれば多少の誤差が出てきます。

その誤差をどう現場で逃げていくのかが、今回の悩ましいポイントでした。

結局、パイプの立ち上げ位置を現場で加工せず、予め工場で正確に加工したものを持ち込みました。
穴明けの位置がちょっとでもずれると大変だからです。

また精度的(加工的)には、パイプは一本モノで長いほうが精度が出やすいと思うのですが、
「ブロックを積み込む際に結構な手間になり、工期がかかってしまう」というメーカーさんのお話から、
パイプは3分割としました。

 

 

中々伝わりにくい部分でもあるので、ある程度で割愛しますが、こういった組み立ては、
時にパズルを解いているような感覚でもあり、個人的には楽しい作業です。

ようやく完成したセラミックスクリーンはこのように。

 

オフィスを彩るインテリアとして十分に機能しています。

この実例の詳しい内容は、こちらからご覧ください。
素敵なオフィスに大変身しています!

施工担当 松尾

2017 1/17 10:00 Posted by CRAFT PRODUCT,施工

あけましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました。
本年もどうぞよろしくおねがいいたします。

クラフトは本日から営業をスタートいたしました。
モデルルームの見学や相談会へのご参加、お待ちしています!

 

自由が丘モデルルームは、素敵な冬を過ごすのにぴったりの空間です。
暖炉、無垢のフローリング、重厚な框ドア、真鍮…。
冬のやわらかな日差しが注ぐ空間でコーヒーを飲んだり、本を読んだりしていると
”本当に贅沢な冬の過ごし方”をしているような気分になってきます。

ぜひ体験しにいらしてくださいね。

皆さまの中にも「今日から仕事始め」という方も多いのではないでしょうか。
お正月をのんびりと過ごした分だけ、現実に戻るのがつらくなりますが…

通勤電車に乗ったり、家族が出かけてお掃除をしているうちに
いつも通りの日常に。

そして仕事や家事の途中でちょっと時間が空いたら
リノベーションスープをのぞいてみてください。

今年も皆さまの暮らしに役立つコンテンツを発信していきますので
どうぞよろしくお願いいたします。

企画部

2017 1/5 9:38 Posted by CRAFT

数寄屋建築の「こけら葺き」の屋根。

紅葉狩りに立川の昭和記念公園へ行きました。

ぶらぶら歩いて、たまたま立ち寄った日本庭園の建物が
「数寄屋建築」ですごく凝っていて面白かったので書きたいと思います。

まず目に入ったのは「こけら葺き」の屋根。

 

薄い板を重ね合わせた屋根で、個人的には非常に意外でした。

「こんな屋根ありなのか~」「なんでこの屋根から現代の屋根に変わったのだろう」などなど
いろんな疑問が噴き出します。

3センチ角くらいの垂木が屋根下地として組んであるのは意味がわかるのですが
その上のギザギザしている部分の意味が分からなくてワクワクします。
よく見ると屋根垂木も角が削ってあって(面取り)細かく作り込まれています。
芸が細かい。

 

もっとも興味深かったのが、「深い軒と木の雨樋」。

 

 

「深い軒」は日本家屋によくありますが、「木の雨樋」は初めて意識して見ました。
簡単なつくりなのに趣があります。

そして雨樋があるのが「出入り口の上のみ」。

つまり出入り口以外は屋根に落ちた雨がそのまま真下の玉砂利を敷いたスペースに
落ちていくようになっています。
(玉砂利スペースの名称はすぐ調べられませんでした)

 

現代の戸建て住宅は、屋根に落ちた雨はすべて雨樋を通って効率よく排水管へ流されます。

どちらがいいか「明確に」答えよ。と言われればおそらく、
現代の都市部の狭い敷地に合わせるために軒は浅く、
室内を広くとれるようにした方が住空間の快適性は上がるでしょう。

また、軒を浅くすれば外壁を長持ちさせるために、必要以上に外壁に雨が当たらないように
全方位に雨樋を設置して効率よく雨水を排水する必要があると思います。
屋根からの雨水や雪が隣家へ流れてしまう可能性もあります。

でも、どちらがいいか「なんとなく」答えよと言われれば、どちらが好ましいでしょうか?

個人的には、雨は屋根からそのまま滴り落ちてきてくれた方が好きです。
そういえば実家の居間に寝転がって屋根から落ちる水滴をぼーっと見ていた記憶があります。

いろいろと考えさせられる建築でした。

おまけの内装写真です。

内装もすごく凝っていましたが
高度すぎて言葉にならず、ため息をこぼすばかりでした。

 

 

施工担当:前田

2016 12/14 9:57 Posted by 施工担当