万世橋駅のいまとむかし

むかし、神田と御茶ノ水の間に万世橋という駅がありました。
明治の終わりに建てられた初代駅舎は辰野金吾の設計。
赤レンガ造りの立派な駅舎だったそうです。
その後駅舎は焼失し、簡素な建物となり
やがて乗客数の減少などの理由で万世橋駅は廃止となりました。

交通博物館として使用されていた駅の跡地が、
現在はJRの商業施設として生まれ変わっています。
それにともない、駅のホーム部分も2013年に70年ぶりにお目見えとなりました。

 

この建物でまず興味を惹かれるのは公開された1912年(明治45年)の創業時の階段と
駅縮小後の1935年(昭和10)年に建設された階段です。

明治の階段は来賓用として使用されていたこともあり、
壁のタイルは東京駅の赤レンガにも施されている覆輪目地という
当時でも高級な仕上げになっています。

このふっくらと盛り上がった目地を施工できる職人さんも
現在ではわずかだと聞いたことがあります。

 

 
隣接している昭和10年の階段に行くと一見同じような建物に見えますが
石造りであった階段はコンクリート造へと変わり、
タイルもよく見る“平目地”へと変化しています。

 

階段を上がると、以前のプラットホームがデッキとして解放されています。
ここに立つと線路との位置関係がよくわかります。
下の写真の奥に現在の中央線の線路が見えますが、
万世橋駅はこの線路に付随する場所に建てられていました。

 

駅舎なので当たり前といえばそうなのですが
1912年と2016年が確実につながっているのを視覚として捉えることができます。

 

100年前にもここで電車を待つ市井の人がいたのだと感じられる面白い場所でした。

設計担当:武藤

2016 8/18 8:53 Posted by 建築

迎賓館赤坂離宮の見学に行ってきました。

先日と言うか、だいぶ前になりますが、迎賓館赤坂離宮の一般公開に行って来ました。

 

「あの迎賓館に入れるなんて、こんなチャンスはない!」と
ネットで下調べをしたところ、並んで整理券をもらわなければならないと発覚。
「行きたいけど、並びたくないな」と思っていました。

前日の天気予報で、”夜に暴風雨になり、翌朝に晴れる”と言っていました。
しかしその日は起きても雨は降っていたのですが、雨雲レーダーでは、晴れそう。
「もしかしてチャンスかも」と思い、そそくさと迎賓館に向かいました。

 

さすがに、一般客は、少なかったのですが、バスでのツアー客が沢山。
朝の10時前に到着したにも関わらず、配布された整理券は、午後でした。

 

入場の時間まで、新宿で時間をつぶし、午後になっていよいよ入場。
さすがにセキュリティーチェックが厳しく、手荷物検査と金属探知機を受けました。

強風の影響で残念ながら正面の広場の一般開放はされておらず、専用口から建物内に入りました。

 

勿論、撮影禁止なので、中の様子は、興味のある方はネットなどでご覧ください
館内に入ると、これぞ、贅の極みと言うしかないつくりでした。
床、天井、壁、は勿論、何を見ても”迎賓館のだけに作られた1点物”ということがわかります。
機械では、絶対につくれません。

館内を出る頃には天気も良くなり、裏庭も観覧できました。

 

こんな贅の極みを見て、無性に物づくりがしたい気分に。

前に「CHAN LUUのブレスレットが欲しいんだど高いんだよね~。なんか作れそうだけど?」
と家族から言われたのを思い出し、
いつもならケーキやパンを買って買えるところ
CHAN LUU風ブレスレットのキットを買って帰りました。

 

早速、制作開始です。

施工説明書ではよく分からず、困った時のYou Tube!
さすがにわかりやすいですが、実際はとにかく最初と最後が難しく、
途中は、繰り返し作業なので簡単でした。

 

家族も一応は、満足してくれたので、良かったです。

 

物づくりの中でも自分は江戸切子が好きで、よく手にして見ていたのです。
最近街中に、幾何学模様が増えてきたような気がします。
オリンピックエンブレムもあって、これから流行る予感…?

施工担当:高橋

【夏期休業のお知らせ】



クラフトは8/11(木)~8/17(水)まで夏期休業となります。
青山・新宿・自由が丘モデルルームの自由見学会もこの期間はお休みです。


次回のモデルルーム自由見学会は

青山 8/20(土)、8/21(日)
新宿 8/21(日)
となっています。

※自由が丘モデルルームは事務所改装工事のため
8/20(土)、8/21(日)の自由見学会はお休みです。
お間違えのないようにお越しください。

2016 8/8 8:58 Posted by 建築,施工担当

カンボジアの遺跡めぐり vol.2

前回の〈カンボジア遺跡巡り vol.1〉のつづきです。

天空の城ラピュタのモデルとなったという説のあるベンメリア遺跡は
遺跡全体が木々に浸食され、多くの場所が崩壊しています。

今は観光のため木製の足場がありますが、基本的にはこの遺跡は修復はされていません。
逆に言うとアンコールワットなどの遺跡も修復前はこのような状態だったかと思うと樹木を取り払い、
途方もない数の石を積み直していることに気づかされます。
建設時に石を切り出した場所から運ぶために開けた小さな穴にガジュマルなどの種が落ち、
成長し根っこが絡みつき長い年月をかけて遺跡は徐々に崩壊へと向かいました。

   

遺跡の移動の途中で車内からみた人々の住まいは
シェムリアップの街とは違い高床の木造建築が多いです。
外壁は板を貼った家の他に、調湿性があるの為でしょうか、
バナナの葉を噴いた家もありました。
高床の床下の空間では子供が遊んでいたり、家族で食事をしていたり、
犬や鶏などが飼われていたり、ハンモックで昼寝をしていたり、生活の中心のようでした。
昼は暑くなる室内ではなく風通しのよい床下で過ごす生活に合わせた住まい作りですね。

少し足を伸ばしてトレンサップ湖も訪れました。
訪れた頃は乾季ですので湖のほとんどが水深1〜2mで面積が3,000㎢、
雨季になると水深9mで10,000㎢にまでなるそうです。
ちなみに琵琶湖が約670㎢ですので、乾季でもかなりの面積です。

 

 

巨大な湖に水上集落がいくつもあります。家もお店も学校も全て水上に浮かんでいます。
湖の上に住むと税金がかかりません。浮いているだけですので、
引越しは船に引っ張ってもらって移動するそうです。

 

乾季の為水が少なく港から水上集落のある場所までは
狭い幅の湖を泥の水しぶきを上げながら小さな船は進みました。
船がすれ違う時はギリギリを通過、スクリューを止めお互いに水がかからないようにしますが、
残念ながら推進力を失うと泥の掛け合い状態に…服がドロドロに …いい思い出ですね。
牛が水浴びをしている近くでなんと漁師が漁をし、子どもたちは笑顔で水遊びをしています。

たくさんの遺跡を訪れ歴史を感じて、
水上生活や高床式など現地の人の生活が垣間見れたアンコール遺跡でした。
また食事がとてもおいしく、物価が安いので充実の滞在となりました。
これからは保存を進めていく為、入れなくなる遺跡も増えてくるそうです。
興味のある方は早めに訪れてみてはいかがでしょうか。

設計担当:藤原

2016 7/26 10:59 Posted by 建築