別荘よりも、セカンドハウスの時代?!

いよいよ11月後半、年末ムードが出てきました。
「年末年始は別荘で過ごす予定」という方もいらっしゃるようで
うらやましい話です。

そんな特別な時間を過ごす別荘も素敵ですが
最近では『セカンドハウス』という考え方が定着しています。

「セカンドハウス?別荘と違うの?」

と思うかもしれませんが…微妙に違います。

〈別荘〉は夏休みや年末など年に数回だけ利用するのに対し
〈セカンドハウス〉は毎週末、少なくとも月に1回は過ごします。

つまりセカンドハウスは、別荘ではなく『第二の家』という考え方です。

 
(詳しいリノベーション事例はこちらから)

というわけで、セカンドハウスのエリアはわりと限定されてきます。
湘南エリアや房総エリアといった、都心から車で1時間程度の距離に
セカンドハウスを購入する方が多いです。
頻繁に行き来することを考えると、これくらいの距離が限度かもしれません。

とくに鎌倉・逗子・葉山などは昔から有力者の保養地として栄えていたこともあり
ハイグレードなグレード中古マンションが多いことが特徴です。
決してお手頃とは言えませんが、都内に比べると多少の割安感があり
何より湘南の海というオーシャンビューを身近に感じるという
最大のメリットを享受しながら、家族や友人と過ごせるので、人気が高い様です。

たとえばこちらの方は、逗子の築41年のマンションを購入し
セカンドハウスにリノベーションしました。

 

窓の外には美しい海の景色が広がります。
この景色がどこからでも眺められるように、廊下や寝室を壁で仕切らずに
大きなワンルームのようにプランニングしました。

 

玄関のドアを開けると、視線の先には海の景色が。

週末をご家族で過ごすのはもちろんのこと、
親しい仲間を招いてホームパーティーを催す計画もあるとか。
逗子エリアなら、友人や親戚も集まりやすいですね。

(詳しいリノベーション事例はこちらから)

そしてもう1つ、都心にセカンドハウスを持つケースも。

 

港区の築22年のコンパクトなマンションを購入し、セカンドハウスにリノベーション。
ご自宅とは趣を変えて、インダストリアルな雰囲気に。
モルタル、コンクリート、古材、黒皮鉄といった無骨な素材が
NYのSOHOのようなイメージとなっています。

お酒を飲んで遅くなった日は、こちらのセカンドハウスに帰宅。
友人や親戚が遊びに来た時のゲストルームとしても使えます。
(詳しいリノベーション事例はこちらから)

ライフスタイルの充実が重要視され、だんだんと身近になってきたセカンドハウス。
別荘よりもカジュアルな使い方ができることもあり、使用頻度も多くなります。

お好きな街に、もう1つの家を持つ。
ご自宅ではやらないような間取りやデザインにチャレンジできるのも
セカンドハウスの醍醐味のひとつです。

セカンドハウスのリノベーションは、ぜひクラフトにご相談下さい。

*よろしければこちらの記事もお読みください*
『都心にセカンドハウスを。贅沢な日常のつくり方』
『40代のセカンドハウス。週末だけのリゾートライフ』

カッシーナ・イクスシー青山本店の見学会

カッシーナ・イクスシー(CASSINA IXC)青山本店が今年リニューアルオープンしました。

 

今回はカッシーナ・イクスシーの皆さまのご厚意で
店内と新作家具の見学をさせていただくことになりました。

クラフトでは、リノベーションした空間に合う家具をセレクトすることがあります。
その際に、設計担当はお客さまと一緒にカッシーナを訪れますが、
個人的にゆっくりと見て回る時間はあまりないため、こうした機会をいただけてとてもうれしいです。

まずは青山本店から徒歩1分の場所にある、ジーマティック(SieMatic)へ。

 

ジーマティックは、高級キッチンとして世界的に有名なブランドで
日本ではカッシーナ・イクスシーのグループ会社が販売しています。

 

ちなみに、クラフトでも人気のミーレの食洗機、ガゲナウのコンロ、リープヘルの冷蔵庫…すべてドイツ製です。
性能、耐久性、使いやすさ、美しさに惚れ込んで導入される方は少なくありません。

こうした質実剛健なドイツブランドを代表するジーマティックのキッチンは
「引っ越す時にキッチンを持って行きたい」と、実際に海外から空輸する方もいるほど
一生ものとして、長く大切に使われているのだそうです。

その後、リニューアルしたカッシーナ・イクスシー青山本店へ。

 

1階はフレグランスや食器などライフスタイル雑貨が中心、2~3階には家具がゆったりとレイアウトされています。
店内の内装に使われている、床材や壁の塗装もユニークです。

 

ソファに腰掛け、座り心地を確かめる設計担当。

実際にいろいろなソファに座らせていただいた中で、個人的に気になったのがマラルンガシリーズ

   

これはカッシーナでも有名なのでご存知の方もいるかもしれませんが
美しさはもちろん、座り心地が抜群によかったです。
背もたれがハイバック・ローバックに変更できるのですが、
ハイバックだと首回りをやさしく支え、ローバックだと腰をやわらかく包み込んでくれます。

とあるクラフトの設計担当いわく「これを選んでおけば、とりあえずは間違いない」
とのことでした。

エッジの効いた家具も目立ちます。

カッシーナでも人気のコルビュジエのLCシリーズについては
正規品とリプロダクト品の違いをしっかりと教えていただきました。

 

2015年よりパトリシア・ウルキオラをアート・ディレクターに迎えたカッシーナ。
カッシーナがアートディレクターを置いたのは初めてということと、
彼女の個性でこれからカッシーナがどのように変わっていくかということに
インテリア業界全体が注目していています。

 

もちろんこれまでのオーセンティックな趣はそのままですが
どことなく華やかで女性らしい雰囲気がただよっているような気がしますね。

 

奥のファブリックコーナーがあり、素敵な生地がたくさん並んでいます。
シンプルな無地もありましたが、目をひかれるのはモダンなパターンやヴィヴィットな色使いのもの。
肌ざわりがよく、厚みもたっぷりとしていてゴージャスです。

ご担当の方にいろいろご説明いただきながら
あっと言う間の2時間でした。

カッシーナと聞くと、どうしても”モダンなデザイン性”に注目してしまいがちですが
こうして実際に触れたり、歴史や工法をうかがってみると
職人さんが手しごとで、丁寧にものづくりをされているということがよくわかりました。

今年90周年を迎えたカッシーナ。
これまでの伝統を守りつつ、新たなクリエイションへの挑戦を感じさせてくれる
インテリアショップへと生まれ変わっていました。

企画担当:佐藤(瀬)

2017 8/31 10:36 Posted by デザイン・プランニング

今、そのスペースは必要ですか?

リフォームのきっかけは?

クラフトには、様々なお客さまがご相談に来られます。
私達が最初にお聞きする事は
「なぜ今回リフォームをお考えになられたのでしょうか?」

十人十色、皆さま様々な回答があります。

「キッチンをどうしても対面にしたくって」
「祖母が亡くなり家を引き継ぐことになり、老朽化が激しくて」
「子供が独立をして無駄な部屋が多くなった」
・・・などなど

なかには「そもそも間取りの全部が気にいらないの!」
なんて方もいらっしゃいます。
皆さま本当に色々です。

そんな中、とても多い要望の中に
「結婚を機に家を購入したので自分の好みにリフォームしたい」
というものです。

比較的若いご夫婦でご相談に来られる方に多いご要望ですね。
その中で、ほぼ確実に話題になる内容が
「まだ夫婦二人だけど、将来子供が出来たらどうしましょう?」

とても多いご相談ですね。

そこで私達がご提案をさし上げるのが
「現在は広く使えるところは広く使って、将来お子さまが誕生したら
レイアウトを変えられるように計画をしておきましょう。」
このようにお話をします。

実は将来的にお部屋を仕切ったりする工事は
事前にちゃんと計画をしておくととっても簡単なんです。

 

例えば、
夫婦二人なのでまずは広い1LDKの間取りで計画を行い、
将来お子さまが生まれたら2LDKにしよう。
その為には、広くスペースをとった寝室を2部屋に分けられるように
計画する、とします。

それでは
一部屋だった部屋を二部屋にする為にはどのような工事が必要なのでしょうか。
まずは間仕切り工事が必要になります。壁を作る事ですね。

そこには扉も必要になります。
新しく建てた壁には仕上げでクロスを貼る必要があります。
さらには照明の設置も各々に必要になります。
コンセントの位置も気になりますよね。
そうすると大工さん、建具屋さん、内装屋さん、電器屋さんの工事が必要になります。

将来的に二部屋に分けることを想定していない場合
既存の壁や天井を壊し、照明の位置を変更して、
スイッチの位置も変えて、コンセントを増やして・・・

扉の位置も考えてなかったら廊下も壊さないと、
なんて色々と付随する工事が増えて、新しく間仕切る為の壁以外にも
廻りの壁や天井を壊して、また復旧して・・・と、
それは大変な工事になってしまいます。

でも、そうならないようにこんな壁の位置で仕切る事を想定するから、
スイッチやコンセントの位置も想定通りに設置しておくと、
将来的に必要な工事は間仕切りを新設して、建具を付けて、壁紙を貼る程度で、
既存の壁や天井に一切手を加える事が必要なく、
非常に少ないコストで部屋を分けることが可能なんですね。

 

このように、天井に間仕切り壁の下地を入れて、簡単に壁を設けられるようにしたり。

 
または大きく開口し、いつもはリビングと一体のフリースペースとして使えるようにしたり。

実際にお子さまが誕生したとしても
個室が必要になるのは10年後ぐらいで、小学校の高学年になる頃ではないでしょうか?
「今そのスペースは必要ですか?」

もちろん、それぞれのご家庭の考え方があり様々な計画になるのですが、
10年間、広い間取りで生活が出来るのは
のびのびと空間を使えてとっても有意義な考え方だと思います。

そのように先の事も見据えて自由な計画が出来るのが
全面リフォームの醍醐味の一つだと思います。

様々視点からご提案をさせて頂きますので、
是非皆さま色々な要望をもって私達クラフトにご相談にお越し下さい。

営業担当:弘中

2016 11/29 9:40 Posted by デザイン・プランニング