大工さんの造作家具

今回は、現場で造作家具をつくることになりました。

造作家具とは、現場で大工さんがつくる造り付けの家具のこと。
たとえば普通の家具は、工場でつくられたパーツを現場で家具屋さんが組み立てます。
(これは『家具工事』と言います)

一方で造作家具は、板のカット~組み立て~設置までを、すべて大工さんが現場でやってくれます。
シンプルな構造のものに限りますが、古材や足場材など個性的な材料を使うこともできますし
デッドスペースもなく、ジャズトサイズで納まります。

 

今回造作したのは、玄関の吊り戸棚です。

壁と壁の間の幅、奥行きを採寸し、その長さに合わせて板をカット。
これから組み立てて行きます。

ジョイント部分には『ほぞ』(木材の突起)を使用。
市販のほぞのサイズに合わせて”ほぞ穴”を開け、接着剤で固定します。

 

さらに、ビスでしっかりと固定。

 

背板を合わせ…

 

こちらもビスで固定し、完成です。

 

あとは玄関前に設置していきます。
 

大工さんの仕事はここまで。扉は、建具屋さんに依頼します。

とても手際のよい大工さんがちゃきちゃきやってくれたので、写真だと簡単に見えますが
スペースを採寸したり、木材をカットしたりと、実はわりと大変です。

しかし、サイドにはほとんど隙間がありません。これが造作家具のすごいところです。
ここまでピタッとハマると、気持ちがいいですね。

施工担当:山田

2017 9/27 9:50 Posted by 施工

朝日ウッドテック『クールジャパン』を施工しました

今回は、壁の仕上げに「クールジャパン」を貼る計画です。
「クールジャパン」とは、朝日ウッドテックが出している木質ボーダー材の商品名です。

 

国産の無垢材パネルで、木目や節も自然のもの。
凹凸加工されているため、木肌の風合いをダイレクトに感じることができます。

下地に黒い受けを取り付け、それに材料を引っ掛けて積み上げていくような納まりです。

 

文章にしてしまうとそれだけなのですが、一つ一つが無垢の接ぎ材で出来ている材料で、
多少の誤差や反りがあり、実際は微調整をしながらレベルを見て慎重に貼っていく必要があります。
慣れもあるのでしょうが、スムーズに進む感じではありません。

 

天然木に調湿効果があることは皆さんご存知かと思いますが
こちらのパネルの裏に隙間を取るのは、より調湿効果を高める狙いがあります。

 

貼りあがってくるとこのような仕上がりです。
 

自然光のもとでは、ナチュラルな木の風合いがたのしめますし、
間接照明のもとでは、陰影が生まれて印象ががらりと変わります。
    
天然木のため、少しずつ経年変化していくことも特徴。
これも楽しみの1つですね。

施工担当:松尾

2017 9/13 9:39 Posted by 施工

壁と天井に突き板シートを貼りました

先日、壁天井にサンフット貼りを行いました。

 

サンフットというのは(株)北三の製品です。
天然木の突板をシート状にしたもので、厚みはなんと0.4mm。薄いですね~。

 

裏にアルミの基材を貼っており、
曲面でも角でも折り曲げて貼る事ができます。
今回壁面に6mmの底目地をとっている為、底目地内も貼ってもらいました。

サンフットでは様々な木種のラインナップがありますが、
今回はサペリマホガニーの板目を使用。
 

施工方法はというと、
クロス貼と同じようにまずは貼る場所のパテ等の下地処理。
パテで下地を平滑にした後には接着性を良くする為、シーラーを塗布します。
 

シーラーが乾いたら、いよいよシートに接着剤を塗り、貼り込み。

 
今回はシート1枚が3×9サイズ(910mm×2,730mm)と大きい為、貼り込みも3人がかりで行います。
ちなみに天井に貼った枚数は19枚。

 

職人さんも「これだけの数量を天井に貼るのはなかなか無い」とおっしゃっていたほど
今回は広範囲に渡りサンフットを貼りました。

 

最近のシートは印刷なのか天然木なのか一見分からない位に進化しておりますが、
やっぱり本物の天然木にはかなわないような気がします。

これから床石も部屋目一杯に貼っていきます。
仕上がりがとても楽しみです!

施工担当:楠見

2017 8/22 8:55 Posted by 施工