ルールの効能

クラフトも夏休みを終え、本日から通常営業しております。

休み明けでだらだらと仕事をしてしまいそうですが
ルールに従えば背筋がピンと伸び、何故だかスムーズに進行できます。
今回はその”ルール”についてのお話です。

いつからか、靴下を履く時は必ず左足から履くようになりました。
とくに縁起を担ぐというわけでもないのですが、気持ちよい一日を過ごせるような気がして…。
自分だけの小さなルールです。

仕事でも、同じように自分だけのルールがあります。
設計のご契約をいただいた時に、図面は青いA3のファイルに
打合せメモやカタログのコピーなどは黄色いA4のファイルに綴じることにしています。
設計が終わり工事に移行する頃には、A3の図面ファイルは3冊ほどに
A4の書類ファイルは2冊ほどに増えていきます。
図面はPCで描き、データで管理する時代ではありますが、
手書きで修正した内容などもあり、まだまだ最終的には紙の図面が頼りになります。

先日、ANAの機体整備工場の工場見学でも気づいたことがありました。

予約は半年先までほぼ満員というほどの人気の工場見学なのですが
目の前で大きな飛行機が分解整備される様子は大迫力で、
子供でなくても楽しめました。


整備工場は大型の飛行機3〜4機がすっぽり入る大空間で、
職業柄、その構造にも興味津々。
その一角には、工具箱やパーツなどを入れておくコンテナが
きれいに並べられていました。
飛行機を分解整備する際には、工具はもちろんネジ1本までパーツの一つ一つが
厳格に管理されているそうです。

たしかにネジが1本足りない飛行機には乗りたくありませんから、
当然といえば当然ですが、
多くの人の命を預かる大切なルールを垣間見ることができました。

また、先日はお引き渡し後のお住まいにお邪魔させていただきました。
リフォーム前は、収納が少なくモノが溢れていて、奥さまはお困りのご様子でしたが
『計画的に収納を設けてもらったので、これはここ、あれはそっちと
場所を決めて片付けやすくなりました。子供たちも決めた場所に片付けます』と
うれしいお言葉をいただきました。

そのお宅オリジナルのルールをご一緒に決めていく作業も
リフォーム計画の一つだと感じました。

こちらのお住まいをもっと見たい方は、 こちら をご覧ください。

ちなみに、最新実例写真の左上のオレンジ「 i 」ボタンを
クリックすると、リフォーム内容を詳しく読むことができます。

ぜひ、今後のリフォームにお役立てください。

設計担当:櫻井

2014 8/19 10:00 Posted by CRAFT