リフォーム会社が見つけた“お宝物件”

クラフトが物件探しからリフォームまでの
ワンストップサービスを始めて1年が過ぎました。

ワンストップセミナーには多くのお客様にお越しいただき、
「物件探しからのリフォーム」の注目度の高さを改めて確認しました。

リフォームを前提に物件探しをする上で、
なくてはならないものが「物件情報」です。
その昔は不動産屋さんに行かなければ、
リフォームどころか物件を探すことすらできませんでした。
1970年代には、消費者には住宅情報誌なる雑誌媒体で
物件情報が知らされるようになりました。
雑誌へ週に1回の掲載のため、今ほど新鮮な情報ではなかったのですが、
不動産屋に直接行かない限りは、みんなが同じ条件ということもあり、
消費者目線で考えれば、それほど不便さを感じませんでした。

そして1990年代から徐々に、インターネットを使った物件情報検索が
主流になりました。

それが今では、更なるインターネットの普及により
ともすれば誰しもが最新の物件情報に触れられるようになりました。
つまり、私が触れている情報と、お客様が触れている情報は
ほぼ同じと言えるようになったのです。

不動産業者ではなくても、SUUMOやYahoo!不動産といった
ポータルサイトに登録された物件をお客様が見ることは容易です。
業者間の情報共有ツールであるはずの不動産流通機構(REINS)に載った物件を
お客様に紹介して、「その物件、知ってます。SUUMOに載ってますよ」と
言われたときのショックは計り知れません。

ただ、クラフトはリフォーム会社です。
仲介専門の不動産会社とは違う、
リフォーム会社の視点で物件を探すことができます。
お客様や仲介業者が見過ごしていた物件を
磨けば光る「お宝物件」に仕上げるという強みがあります。

とはいえ、やはり新鮮な情報を一番にお客様に届けたいのが正直なところ。
私は毎朝出勤するや否や「お客様にご紹介できる物件はないか」と、
REINS→SUUMO→Yahoo!不動産→HOME’S→大手仲介業者のサイトを
隈なくチェックしています。

2年目を迎えたクラフトの物件探しサービス。

新たな取り組みとして、Facebookでは都心エリアを中心に
「リフォームして住んだら面白い」物件を紹介しています。

週2件の物件紹介を自分のノルマとして課しておりますが、
今年はこれができなくなるほど忙しくなりそうな予感がします。

ワンストップアドバイザー:近藤

2015 5/19 8:56 Posted by 不動産