鉄骨造の耐震診断の進め方

耐震診断がどのようなときに行われるかをご存知でしょうか。

建築基準法に基づく現行の耐震基準は、
昭和56年6月1日に導入されました。
つまり、それ以降に着工した建築物は、
いわゆる「新耐震基準」の建築物となります。

そして、それ以前に着工した建築物は「旧耐震基準」の建築物となり
耐震性に不安が残ります。
そこで、この不安を解消するために補強をしましょう、
という事になるのですが、補強をする前に
どの部分がどの程度、耐震性が劣るかを
きちんと把握する必要があります。

そんな時、「耐震診断」を行います。
木造でしたらクラフトでもできるのですが、
RC造(鉄筋コンクリート造)、S造(鉄骨造)の場合は、
構造設計事務所に依頼することになります。
新築の構造計算と同じですね。

今回、昭和55年に建てられた鉄骨3階建てのリノベーションと合わせて、
耐震診断のご依頼を頂きました。
そして、耐震診断→耐震改修設計→耐震改修工事の全てのステップに対し、
行政の助成金の申請をご希望でしたので、
ステップごとに構造設計事務所と連絡を取りながら、
行政への届出などを行い、順次進めていく事になりました。

この場合、ひとつが終わらないと、次のステップに進む事はできず、
通常のリノベーション計画よりも、かなり日数がかかる事になります。
ですが、耐震診断も数万円ではできませんので、
たとえ全額助成してもらえないとしても、
お施主さまにとっては、有益な制度に違いありません。
(各行政によって、助成額などが異なります)

先日、耐震診断を行う前の現地調査を行いました。
今回は鉄骨造のため、まずは柱、梁が見える部分を探します。
幸い天井を外せる箇所がありましたので、
そこから天井裏を覗き込みます。

この調査を実際に行うのは、
構造設計事務所が手配してくださった調査専門会社の方。
新築時の構造図通りの柱や梁が使われているかなどを
部材寸法を測りながら図面と照合します。
次に、調査専門の業者さんしかできない
超音波探傷試験(UT)を行いました。
S造(鉄骨造)の柱と梁は、溶接により一体化されております。
しかし、一見きちんと溶接されているように見えても、
溶接内部がきちんと溶けて一体になっているかは外部からは分からないため
超音波探傷試験にて調査することになります。

その機械がこちらです。


念のため、軒天井も開口し、
調査してもらいました。

 

結構、辛そうな態勢ですね。

現在もお住まいのため
開口は、次の日にきちんと塞ぎ直しました。

この調査結果をもとに、後日、構造設計事務所が耐震診断を行います。
まだ、私のもとへ結果が届いておらず
良い知らせを待っている状況です。

このように耐震診断は、各ステップに時間をかけて進めることになります。
ご希望の方は、営業や設計士にお早めにご相談ください。

設計担当:佐藤

2015 5/26 8:55 Posted by 耐震・構造