カンボジアの遺跡めぐり vol.1

乾季真っ只中で一年で一番暑い時期のカンボジアのお話です。

 

一度は訪れてみたいと思っていた世界遺産アンコール遺跡。
アンコールワットはもちろん、アンコールトム、タプローム、ベンメリアと、
大小合わせて600もある遺跡全体を遺跡群として、世界遺産に指定されています。

アンコール遺跡群のあるシェムリアップへの飛行機は、
日本からの直行便がないため東南アジアの主要都市を経由します。

シェムリアップの街自体はとても小さいですが、
世界遺産へアクセスするための観光客は皆この街に滞在します。
ホテルや飲食店が小さな街にぎゅっと詰まっていますが、高い建物がありません。
なんとアンコールワットより高い建物が建てられない決まりになっており
5階建て以上の建物が見当たりません。
大きなホテルもスーパーも5階までのため、余計に小さな街に感じるのかもしれません。

アンコール遺跡群は9世紀初めから15世紀前半にかけて栄えたクメール王国の残した遺跡です。
初期の遺跡ははヒンドゥー教の伝説や神々が描かれ、
仏教が栄えた後期には観世音菩薩などの仏教のモチーフが描かれています。

宗教の違いは建物を壊す事なく共存し、広大な遺跡群は残されました。
その中でも作られた年代や王の信仰などによってそれぞれの遺跡に特徴があります。
その後15世紀にタイに攻め落とされ人々は王都を捨て離れます。

19世紀前半にフランス人によって発見されるまで、忘れ去られた遺跡となり、
熱帯の植物に多い尽くされました。
その後内戦があり、一度は保全に向けて動いていましたが、
中断され、地雷などが埋められ、遺跡は破壊されました。
内戦が終わり、1992年に世界遺産に登録され、
フランス、アメリカ、日本、中国などの力を借りながら遺跡の修復は今も続いています。

 

カンボジアの国旗のモチーフにもなっているアンコールワット。
第一回廊には、とても綺麗なレリーフが壁一面にびっしりと残されています。
それぞれのレリーフには神話に基づいた物語があります。

 

また一番高い第三回路に登るためには急な階段をのぼります。
とても信じられませんが、つい最近まで、木製の階段の整備もなく、
(写真のような)遺跡の急な石段を登り降りしていたようです。
第三回廊内部に上がると、高い位置にあるため周りを見渡す事が出来ます。
アンコールワットが本当にジャングルの中にひっそりと立っている事が実感できました。

 

 

アンコール遺跡では一番大きな遺跡のアンコールトムは3キロ四方の正方形の形をしています。
こちらの有名な顔。バイヨンの塔のそれぞれ4面に顔があります。
驚いたことにカメラの顔認証はこの顔にもピピっとお知らせしてくれます。

 

バンデアイ・スレイは赤土の遺跡です。
アンコールワットより北東に40キロほど離れておりますが、一見の価値ありです。
この赤土は他の遺跡の石よりも柔らかいため、細かく彫りが深いのが特徴で
遺跡の全面にレリーフが施されています。

 

この遺跡が有名なのは、フランス人冒険家があまりに美しいため国外に持ち出そうとした
デバター(のちにとても美しいため東洋のモナリザと呼ばれる女官)のレリーフがあるためです。

このようにカンボジアには貴重な遺跡があちこちにあるため、膨大な数の写真になってしまいました。
ご紹介したのは、ほんの一部。次回につづきます。

設計担当:藤原

2016 7/14 11:58 Posted by 建築