買い替えか、リノベーションか…

〈今のお住まいをリノベーション〉 〈マンションリノベーション〉

「子供が大きくなったから窮屈。そろそろ住み替えようかな」
「でも住み慣れた家にも愛着があるし…」

なんて悩んだ末、リノベーションのご相談にいらっしゃるお客さまがいます。
新しい家に引っ越すか、今の家をリノベーションするか。
どちらにしても、頭に浮かんだ選択肢はすべて調べて、悩んで悩んで
「まだ悩み中なんです…」というお客さまも
クラフトにご相談にいらっしゃいます。

もちろんそういった方にも、リノベーションか、住み替えか、建て替えか…
お客さまにとって一番メリットがある方法を
率直にお伝えさせていただいています。

というわけで今回は、マンションをリノベーションしたSさんをご紹介させていただきます。

 

長年くらしてきたマンションですが、お子さまが成長し、収納不足。
キッチンも玄関も暗く、なんだか過ごしにくい。
しかし暮らし慣れた街を離れたくはありません。
当初は「近所に一戸建てに住み替えようかな~」とも考えたそうですが
悩んだ結果、今のお住まいをリノベーションすることに。

シンプルモダンなテイストがお好みだったことから、床や造作家具は明るいナラで統一。
ガラスブロックやすりガラスを使って、家中に光が届くようにしています。

 

リビングの横には奥さまの個室を配置。
大きくL字に開口した入り口から視線が抜け、伸びやかな印象を与えてくれます。

 

ポイントは、半透明のスリガラスの框の引き戸を採用したこと。

閉めていても南の窓から注ぐ光が、寝室まで届きます。
もちろんリビングで過ごす家族の気配も。
「もう遅い時間だから寝なさーい」
なんてコミュニケーションがとりやすくなりますね。

ご注目いただきたいのがダイニング。
フローリングにあわせてナラを使った、オリジナルの造作です。
テーブルの一部はキッチンの腰壁に組み込ませて一体に。
正面から見るとモダンな雰囲気が生まれています。

 

独立していたキッチンは、オープンに変更。
オープンキッチンのお悩みと言えば「ごちゃごちゃしやすい」ことですが
レンジや炊飯器もしまえる壁面収納のおかげで、生活感はありません。

キッチンの腰壁は、手元をすっぽり隠します。

そして、暗くてお悩みだった玄関。

右の子供部屋との間仕切り壁をガラスブロックに替えることで
隣室の窓の自然光が、玄関に注ぐようにしました。
一戸建てなら、陽当たりのよい位置に玄関を動かすことができますが
マンションは管理規約の問題で、玄関ドアを動かすことができません。

そうした制約から生まれた、デザイナーのアイデアです。

 

ガラスブロックのガラスにはさまざまな種類がありますが
セレクトしたのは乳白色のガラスブロック。
障子のようにぼんやりとやわらかな光を放ちます。

ご主人さまが夜遅く帰ってきても、自室で過ごしているお子さまの気配が
なんとなく伝わってくるのがいいですね。

子供部屋から見ると、このような感じです。

 

玄関の採光のために設けたガラスブロックですが
お子さまの部屋にも抜け感をつくり、メリットを生み出しています。

寝ている時に玄関が明るいとまぶしいし、プライバシーに配慮したい
ということで、ロールスクリーンを設けました。

ちなみに、こちらの家はご主人さまの個室をのぞいて
すべての入り口が引き戸です。

いつもは開けっ放しにして換気をし、開放的に過ごしているとか。
ゲストが来たときだけ、さっと閉めて…
と使い分けているそうです。

今のお住まいに暮らしにくさを感じ「引っ越そうかな、どうしようかな」と悩まれていたSさんですが
こうしてリノベーションをすることで、
新築のように、あるいは新築以上の価値を生み出すことができました。
価値とは、Sさんご一家の”心地よさ”です。

もし「買い替えか」「建て替えか」「リノベーションか」でお悩みの方は
ぜひクラフトにご相談ください。

「お客さまにとってどの方法がベストか」を真剣に考えて、ご提案させていただきます。

2016 8/30 8:58 Posted by リノベーション実例