素材は何が良いでしょうか?

みなさま新しい家をつくることになった時には、
こんな家にしたい、あんな家に住みたいと夢が膨らむと思います。

今回私が担当したお客様も、インテリアがとてもお好きで
いろいろとご自身でコーディネートを楽しまれているお施主様でした。

お会いする前に、お客様のブログを見せて頂いたのですが、
そこには10年間、海外を転々としたそれぞれの家の記録や、
季節ごとのインテリアコーディネート、ご友人との食事会のテーブルコーディネートなど、
お施主様の想いが溢れるインテリアが広がっておりました。

ご自身で蚤の市に出掛けて購入された貴重な品々や、
想いの詰まった絵画など、インテリア小物も多数お持ちで、
楽しまれながら日々の暮らしをお過ごしになっているのが伝わってくるブログでした。

お打合せが始まると早速、新しい家では玄関からリビングダイニングの空間で、
和の要素を取り入れた『和モダン』の暮らしがしたいとご要望をいただきました。
ぜひ『大谷石』と『組子』を使いたいというご希望でした。

その後打合せが進むにつれて、他の部屋のコンセプトも決まり、
キッチンは北欧テイスト『今まで集めた北欧グッズを飾る場所』
トイレはシックな印象に『大人のためのかっこいい空間』
主寝室はクラシックに『今までのヨーロピアンな雰囲気を味わう場所』
セカンドルームは書斎の落ち着いた雰囲気『ご主人とっておきの場所に』と
お客様の熱いインテリア愛に突き動かされ、私もコンセプトに合う素材を探していきます。

後日各メーカーから届く大量のサンプルと格闘して、
事務所の一部屋を占領し、サンプルを並べ、各部屋ごとに素材を組み合わせていきます。

 

床の色、壁の色、建具の色、アクセントになる家具や棚の色など、
部屋ごとの組み合わせは大丈夫か、他の部屋とのバランスはどうか、慎重に吟味していきます。

仕様決め打合せの日、提案をお客様に喜んでいただけるかドキドキしながら、
集めたサンプルを見せて説明をしていきます。

ご希望だった大谷石と組子は廊下に取り入れました。
ご提案は『和モダンの廊下ギャラリー』です。

 

廊下の壁に大谷石を貼り、照明を動線ではなく壁(絵画)に当て
間接照明で足元を照らしました。

玄関を開けた時、廊下が印象的な空間になるように、
正面の建具を組子にし、組子を通して見える奥の日差しが引き立つように、
あえて廊下全体は黒いクロスで脇役になるように仕立てました。

お客様も目の前のサンプルとイマジネーションを働かせて、
私の提案を真剣に考えて下さいます。
サンプルをいくつか持ち帰り、仕様決めの打合せを重ねていきます。

その他の部屋もクロスやタイル、珪藻土をいくつも見比べて
お客様と二人、力を合わせてインテリアを組み立てていきます。
悩んだ組子は、白木ではなく着色をするためシノワズリ調に仕上げました。

全ての仕様が決まり、いよいよ工事が始まります。
お客様は、今度はウィンドウトリートメントのお打合せが始まります。

カーテンも決まり完成したお部屋に取付けられると、
お客様の雰囲気にぴったりな空間が出来上がり、
ご入居後は奥様の手により見事な飾り付けがされておりました。

お引渡し後に伺うと、お客様から「家が楽しくて、あまり外出をしなくなりました」
と大変うれしいお言葉を頂き、今回私も今までにない量のサンプルを集め、
検討を重ねましたが、その甲斐があったと、とてもうれしく思っております。

今はご提案を受け入れて下さり、同じように悩みながら
仕様を検討して頂いたこと、お客様にとても感謝しております。

今後はどのようなご依頼がくるのか楽しみに、
またサンプルと格闘する覚悟でお待ちしております。

※リフォームの詳しい実例が見たい方はこちら

設計部:渡部

2016 9/6 8:27 Posted by 素材・材料