イベントレポート/MUJI Renovation Club トークイベント

先週の日曜日、MUJI Renovation Club トークイベント@有楽町に参加してきました。
前回の7月参加から約半年ぶりです。(以前の様子はこちらをご覧ください)

 

今回も満席です。前回に比べて、50代の方や、男性のお客さまも目立ちました。
リノベーションが世代を越えてどんどん広がっていることを感じます。

最初に始まったのは、ブルースタジオの石井さんによる講義です。

今は、日本全国に中古住宅が6000万戸あるという大量ストック時代。
とくに都心部では「あるものを活かしていこう」という流れが強く、
中古物件を第一選択肢とされる方が多いそうです。

そして、築年数の古いマンションや戸建てに適しているのが”スケルトンリフォーム”。
古い配管を交換したり、間取りやデザインを希望通りにしやすくなるからです。

 

石井さんは中古リノベーションのメリットとして
〈費用〉…新築よりもコストダウン
〈立地〉…新築よりも選択肢が多い
〈自由設計〉…好きな間取りにできる
〈資産価値〉…新築のように資産価値が大きく目減りしない
〈安心〉…修繕履歴や住民の様子がわかりやすい

をあげられていました。

こちらはクラフトとまったく同じ考え方で、強く共感いたしました。
(ただしリノベーションのグレードや建物の状態によって
新築よりも高くなってしまうことがあるため、一概に
『新築よりもリノベ―ションのほうが安い』とは言えないところがありますが…。)

続いてリビタの大嶋さんよる〈中古マンションの価値と見立て〉の講義です。

 

中古マンションを見るときは、
メンテナンス履歴・修繕積み立て費の状況・将来の修繕計画を
しっかり確認することが大切だ、と強くとおっしゃっていました。

そしていよいよクラフトです。

 

クラフトの物件購入サービスを利用して、眺めの良いマンションを購入したKさんのケースをご紹介。
無骨でやさしい雰囲気にリノベーションさせていただきました。

コンクリート躯体のスケルトン天井、モルタルや古材などラフな素材を組み合わせつつ
お子さまにやさしいぬくもりもプラスしています。
(詳しい事例はこちらをご覧ください)

 

営業担当の櫻井が、事例をもとにプランのポイントや素材のこだわりを説明。
みなさん、メモや写真を撮りながら熱心に聞いてくださっていました。

 

物件によっては「希望通りのリノベーションできなかった」なんてこともあるため
購入時にしっかりと検討することはもちろん重要です。
しかし結局、”中古マンションの購入”はゴールではなくてスタート。

仕上がりを大きく左右するプランとデザインは
絶対に妥協してほしくありません。

とくにマンションは間取りや水回りの移動に制約がありますが
その中でどのようにご希望を叶えるかがリノベーション会社の腕の見せどころです。

少しでもクラフトのこだわりが伝わっているとうれしいです。

ちなみに無印良品有楽町店は、久しぶりに訪れてみると
店内がバージョンアップしていました。

 

イベントスペースの近くには、リノベーションの相談コーナーが新設され
たくさんのリノベーション会社の中から検討できるように
各社のパンフレットが並べられています。

 
もちろんクラフトの事例集も。
椅子に座って、ゆっくりとリノベーション会社を検討できそうです。

ほかにも、無印良品のリノベーション〈MUJI INFILL 0〉 と〈 MUJI INFILL +〉の
ショールーム的なコーナーも。

リノベーションが主流になっている今、リノベーション会社がどんどん増えています。
決して「どこの会社も同じ」ではありません。
一社ごとにセオリーがあり、得意分野があり、こだわりがあります。

これからリノベーションをお考えの方は、MUJIを訪れたり、各社HPの事例を見たりしながら
ご自身のフィーリングに合うリノベーション会社を、じっくりと探してみてください。

企画部

2018 1/23 11:00 Posted by イベント