外壁レンガタイルを塗装

今回は、外壁レンガタイルを塗装しました。

既存は、写真のようにランダムな色合いのレンガ色の外壁。外壁塗装によってイメージを一新することになりました。

 

レンガタイルは給水性があり、塗装のノリつきも心配されたので、突然塗り始めることはしません。

写真のように色サンプル作成と合わせて、シーラー等でのくいつきを検証しました。

※シーラー…上に重ねる塗料との密着性を高め、塗装面をキレイに仕上げるための下地処理材

 

まずは塗料や施工方法を決定し、お客さまに最終の色を決めていただき、塗装していきます。

今回は目地まで色をしっかり入れる為、最初に目地部分を刷毛で塗り込んでいきました。その後、ローラーにて塗装していきます。

 

レンガは凹凸があるため、塗り漏れが出やすいところです。職人さんは、塗り漏れがないかを写真のように確認しながら仕上げます。

 

通常の外壁を塗装するよりも、なかなか手間のかかった作業でしたが、既存レンガタイルを剥がすことなく、そのまま利用して、大きくイメージを変えることができたと思います。

施工担当:萩原

2018 2/28 8:47 Posted by 施工担当