中庭に、水盤をつくりました

『水盤』とは、浅い水面のこと。
水面に光を反射させ、リラックス効果を演出したり
水のゆらぎによって、涼やかさを演出したり。
高級マンションやホテルのエントランス・中庭でも見かけることがありますね。

今回の現場では、リビングに面した中庭に、清涼感ある『水盤』をつくりました。
水盤内の水を吐水口までポンプで送り、静かな滝のように吐水させ、循環する計画です。
中庭には既存の段差があり、そちらの地形をうまく利用して製作していきます。

コンクリートを打ち込んで、水盤の下地がだんだん出来てきました。
 

しっかりと防水。
 

水盤の底面には、光ファイバーを仕込みました。
 

 

光ファイバーの光がタイルの目地にランダムに出るように、オレンジ色の筒の中で遊びをつくっています。

水盤内には、モザイクタイルを貼っていきます。
その際に、線をランダムに出していく。
 

 

写真ではわかりにくいのですが、線の太さが3種類ほどあり、光の大きさが違います。
 

水盤の奥にあるスペースは、植え込みにしました。
空やグリーンが水面に映り込んで、より心が安らぐはずです。

周囲をデッキのフェンスで囲い、植栽を入れ完成です。
 

写真のように、プログラムにより様々な色が出せます。
また時間の経過によって、グラデーション等の色のパターンも組めるそうです。
 

薄暗くなってくると光が星空のように見え、水の音がとても心地よいです。
 

水盤は、LDKに面した中庭に設けているため
リビングやキッチンで過ごしていると、いつも視界に入ります。
 

ひと仕事終わると、ちょうど夕暮れ時。
最後はスタッフみんなで、うっとり眺めて終了となりました。

工事担当:松尾

2018 8/30 9:05 Posted by 施工