イベントレポート/MUJI Renovation Club トークイベント

先週、MUJI Renovation Club トークイベント@有楽町に参加させていただきました。(以前の様子はこちらをご覧ください)

 

「リノベーションするぞ!」という方よりも、「リノベーションって何ができるのかな?」「どれだけキレイになるのかな?」という方に向けてのイベント。幅広い年齢層の方が集まっていらっしゃいました。

 

最初は、ブルースタジオの石井さんによる基礎講座。日本の住宅事情や、欧米との比較などをわかりやすくご紹介してくださいます。

「日本の住宅供給は特殊だ」と話す石井さん。ハウスメーカーやデベロッパーが勝手に間取りやデザインを決めて家をつくり、供給するスタイルは世界的に見てもめずらしいそうです。とくに、新築マンションの「売れる価格」から、部屋の間取りや仕様を決決めていくというやり方は、残念ながらこれからも変わりそうにありません。

そこで「もっと自分たちの手で、暮らしに合った家をつくろう」というのがリノベーションの考え方なのです。

 

リビタの大嶋さんは、「住みたい街に新築を見つけることのむずかしさ」を語ったうえで、供給量の多い中古住宅を買い、リノベーションすることのメリットをとても分かりやすく話してくださいました。

印象的だったのは、「中古を買ってリノベーションは『気持ち』が大切です」と言う言葉。「この街で暮らしたい」「家族の時間を大切にしたい」という”想い”が、物件探しやプランニングの判断材料になります。

 

そしていよいよクラフトの登壇。営業担当の櫻井が手掛けた、マンションと戸建ての2つの事例をご紹介させていただきました。

 

〈case1〉

1つ目は、「自分の好きな空間にしたい」と、マンションを買ってリノベーションされたDさん。物件探しからクラフトにお任せいただきました。共働きでお忙しいなか、10件も内見してやっと見つけた理想の住まいです。

 

この景色が家全体に広がるように、オープンキッチンのある開放的なLDKをご提案。部屋と部屋がFIXガラスでつながり、自然光を共有。同時に小さなお子さまの気配も伝わってきます。キッチン~洗面室~廊下をつなげるなどして家事動線を見直し、奥さまの家事のご負担が少しでもラクになるように。

◯事例の詳細はこちらからご覧ください

〈case2〉

2つ目は、お住まいの築30年の木造戸建てをリノベーションされたSさん。築30年の木造ということもあり、設備もインテリアもかなり年季がはいっているご様子。「家族みんなでくつろげる広いLDKがほしい」というご要望をいただきました。

 

「クラフトの青山モデルルームが好み」ということで、ヨーロピアンオークの無垢フローリングや漆喰を使って自然素材のぬくもりを。構造をしっかりと検討し、空間をジャマする柱を減らして開放感をアップしました。

LDKの中央にはフルフラットキッチンをレイアウト。インテリアとしての役割を与えています。奥さまは小さなお子さまたちを見守りながら、気持ちよくキッチンに立てるようになったそうです。

◯事例の詳細はこちらからご覧ください

 

短い時間でしたが、みなさんとても熱心にうなずきながら耳を傾けてくださいました。

マンションも戸建ても、共通していえるのは『どんな暮らしがしたいか』をイメージすることです。

「趣味をたのしみながら過ごしたい」
「家族といつも一緒がいい」
「家事をラクにしたい」
「モノがでないホテルライクな暮らしがしたい」

といった理想から、プランが決まっていきます。

これからリノベーションをする方は、この「どんな暮らしがしたい」をリノベーション会社に伝えてください。それらが、みなさんの想像を超える「間取り・デザイン」の足がかりになるからです。クラフトでは、物件探し+リノベーションのワンストップサービスも行っています。ぜひお気軽にご相談下さい。

物件探し+リノベーション〈ONE

企画部 中野(瀬)

2018 9/22 8:48 Posted by イベント