床と壁に『大谷石』を貼りました

今回の現場では、床と壁に大谷石を貼ることになりました。

大谷石の特徴は、軽くて加工がしやすく、耐火性にも優れていること。古くから住宅の壁や塀に用いられてきましたが、大谷石の持つ柔らかさ、風合いから室内にも使われる事が多くなっています。
 
クラフトのリノベーションでも大谷石を使うことはありますが、私個人としてはなかなか機会に恵まれず、今回初めての大谷石の施工。以前のブログにも書かせてもらいましたが、以前、栃木県の大谷石地下採掘場を訪れたこともあり、いつも以上にわくわくしながら、施工に挑みました。

 

今回入れた大谷石は900mm×450mmのサイズで、厚みは約27~30㎜。大谷石が軽いといってもこのサイズですと、結構な重さ。下地はしっかりと組み、ベニヤ下地とします。

 

事前準備として、あらかじめ裏面に浸透プライマーを塗っておきます。接着剤を効かせるため、また大谷石自体の表面強度を強くするためです。

施工にあたっては、セラミックボンドを使用。石自体に多少の反りや厚みの誤差もあるため、貼る際には、石と石との段差(目違い)に気をつけないといけません。

 

この大きさになると1日1段づつしか積んでいけなく、施工は約1週間ほどかかりました。

 

ゆっくりですが、確実に大谷石が貼られていきます。

 

窓まわりの納まりも丁寧に美しく。

 

 

 
そして完成しました。

 

今回は約25平米ほどの面積に貼ったため、大谷石の魅力が十分に味わえる空間となりました。また出隅の角をトメ加工はせず、30mmの石の厚みをそのまま見せることで、より重厚感が出ています。

今回は職人さんに大谷石の貼り方を学んだので、いつか自宅の壁の大谷石貼りにチャレンジしてみたいと思います。

施工担当:楠見

2018 5/22 9:50 Posted by 施工

リビングに畳の小上がりを造作しました

クラフトのリノベーションでも時々ご要望をいただくのが、「リビングの小上がり」。洗濯物を畳んだり、ストレッチをしたり、家族でゴロゴロしたり。たくさんの用途があります。

今回の現場でも、造作工事で畳の小上がり収納を施工しました。

 

デザイナーによると「化粧となる框は、ナラの突板練付仕上げ。接合部も留めにしたい」とのこと。そこで現場での加工を減らすため、事前に工場に、留め継用のビスケットとボルトで緊結できる加工を依頼しました。

※留め…突き板どうしの接触部分を、それぞれの小口が見えないように45度に組む接合方法。

 

 

 

 

現場では大工さん(古ちゃん)に大きめに作った材料の下端をカットしてもらい、フローリングで隠れる部分でレベル調整をして、納めて貰いました。

 

 

450角の畳を外していくと、1畳ほどの収納が3つ隠れている仕掛け。相当な収納量のある畳の小上がりとなりそうです。

 

留めの接合部も綺麗に納めて頂きました。

 

大工さんによる造作工事が完了し、続けて畳屋さんに採寸を依頼します。

 

 

素敵な畳の小上がりが完成しました。通常のイグサではなく、黒い畳を入れたのでモダンな空間になじんでいますね。

現場としても満足な仕上がりで、お客様にも喜んでいただけました。こちらの小上がりで、家族みんなでトランプをしたり、本を読んだりするそうです。

お客さまのうれしそうな笑顔を見て、良かったなと思いました。

施工担当:山田

2018 4/17 8:40 Posted by 施工

craft award 2017!目黒の「THE WORKS」にて

4月3日は『craftaward 2017』でした。

craftawardは、2014年にスタートして以来、毎年欠かさず行っている社内イベントです。

クラフトには営業・設計・工事・経理・企画・業務と5つの部署がありますが、オフィスが5つに分かれているため、なかなか全社員が顔を合わせることがありせん。

そこでスタートしたのがcraftaward。

前期の仕事で記憶に残った案件をそれぞれ挙げて全社員で共有し、クラフト全体のベクトルをあわせていくのが目的です。

 

前置きが長くなりましたが、今回の会場は目黒川沿いの「THE WORKS」。レストランやイベントスペースなどから成る複合施設です。

築45年の倉庫兼事務所だったビルをリノベーションした建物で、ビルの趣がそのまま残っていて、とてもクールな感じがします。

窓に映る目黒川沿いの桜は葉桜になってしまっていたのですが、窓際に桜の枝を飾ってくださっていたおかげでお花見気分もしっかりたのしめました。

各オフィスから、ぞろぞろと集まってくるスタッフ達。

 

ちょうどお昼ということもあり、まずはおいしいビュッフェをいただきます。

 

 

 
先輩スタッフと新メンバーのとてもわかりやすい写真。

昨年度は、営業・設計・工事・設計アシスタント・営業アシスタントの6名が新たに加わったので、まずはそのお披露目を。
 

 

今回は「あまり堅苦しくないように」ということで、食べたり飲んだりしながら、みんなの発表を聞いてもいいよ、とお達しをいただいていました。

ほどよくお酒もまわってきたところで、いよいよ、個人の振り返りを発表….

司会は、設計部長の笹谷です。案件について要点をまとめたり、担当スタッフに質問したり、ちょっと会場を沸かせたりしながらリラックスした空気で進んでいきました。

スタート前からビールとワインを2杯ずつ飲んでいるのを見ましたが、それをまったく感じさせない平常通りのトークです。

全員分はご紹介できないので、一部だけ。
 

こちらは、営業・設計・工事担当が「記憶に残った物件」として挙げたもの。

 

リビングの収納扉は、和紙に漆を塗って垂らし、水墨画のようなイメージに。フレームは錆びた黒皮鉄無垢材。20mm厚の無垢は300kgほど。重さを壁で支えるのに大変だったそうです。

※詳しい事例はこちらをご覧ください

 

こちらは、クラフトの年賀状でも使用させていただいた物件です。

 

戸建ての1階をまるごと、ご主人さまのプレイルームに。特殊塗装や室内窓、そして大きなプロジェクタスクリーンなど遊び心たっぷりの空間には男のロマンがつまっています。
「とにかくうらやましい」と工事担当。

※詳しい事例はこちらをご覧ください

 

同じ社内なので、誰がどんな案件に関わっているかは何となくわかるものの、そのとき「何が大変で、何を思ったか」について聞くチャンスはありません。

こうして全社員の成果や気づきを聞くことで、意外に思ったり、納得したりするところもありました。それに一人ひとり、むずかしい案件にぶつかりながら成長していることもわかります。

最後に、代表久村からの総評をスティーブ・ジョブズ風に。

 
これからのクラフトの在り方について語ったうえで、ぴしっと締めてもらいました。

今回はちょっとラフなcraft awardとなりましたが、そのおかげでリラックスして思ってることを話せたような気がします。そして、笑い声がずっと聞こえていたくらい楽しかったです。

リノベーション会社としてスタートして36年。リノベーション業界としてはかなり古株ですが、現状にあぐらをかくことなくクラフトはみなさまのニーズに合わせて、どんどん進化していくつもりです。

今期も社員一丸となって、みなさまの笑顔が見られるようにまい進してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

企画部 中野(瀬)

2018 4/5 9:37 Posted by イベント