銀座オフィス

住所 〒104-0061
東京都中央区銀座一丁目13-1 4F
※駐車スペースはございません。お車でお越しの際は近隣のコインパーキングをご利用ください。
アクセス 東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」駅より徒歩4分
東京メトロ銀座線「京橋」駅・都営浅草線「宝町」駅より徒歩5分
JR山手線他「有楽町」駅より徒歩8分
定休日 日・祝・月曜日
営業時間 9:00〜19:00

※オフィスに御用のある方は、事前にご予約いただきますようお願いいたします。

Googleマップはこちら>>

お問合せについて

お電話でのお問合せ
物件探しからもサポートいたします。

お問合せ

0120-258-805

無料リフォーム相談会
具体的に相談したいという方は予約制の相談会へ。

中央区といえば、銀座や日本橋、また築地が中心の商業地といったイメージ。ですが、ここ数年住宅地としても注目されており、人口が増加しています。人気の住宅エリアは大きく2分され、その1つはタワーマンションが建ち並ぶ湾岸地域の佃、月島、勝ちどき、晴海。もう1つは、下町文化が色濃く残る日本橋の人形町や水天宮、日本橋浜町。どちらも再開発中の地域で、マンションが増加傾向にあります。

中央区の移り住む人々は、共働きのご夫婦や子育て世代の30や40歳代が中心です。なかでも月島や勝ちどきといった湾岸エリアのタワーマンションは、銀座や大手町からも近いことから、年々人気が高まっています。現在でも「晴海フラッグ」をはじめ、新たなマンションが次々に竣工中です。

タワーマンションの建設に伴い、周辺エリアはスーパーや大型商業施設、レストラン、幼稚園、小中学校や病院などが新設されています。「暮らしやすい環境」として整いつつあることも、中央区の湾岸エリアの特徴です。また湾岸エリアのマンションは、銀座まで徒歩圏内、都営大江戸線で六本木や新宿まで一本という利便性も選ばれている理由の一つです。

一方で、日本橋エリアは急激に開発が進み、休日に多くの人でにぎわうようになりました。日本橋エリアは単身者やDINKS用のマンションが大半ですが、ファミリー向けも少なからず点在しています。

人形町から三越前にかけては老舗と言われる名店が多く、日本橋三越や高島屋まで徒歩圏内。人形町駅と水天宮駅の間の甘酒横町は、いつもほどよいにぎわいを見せ、銀座よりも親しみやすく、浅草よりもすっきりとした印象です。

人形町駅と水天宮駅を合わせて3線を利用でき、六本木や恵比寿、渋谷まで一本という利便性。平日はビジネス街でばりばりと仕事をこなし、休日になると洗練された下町でのんびりと散歩をたのしむ。メリハリのある暮らしができるのが中央区の魅力です。

これからリフォーム・リノベーション前提に月島、勝ちどき、晴海などの中央区のタワーマンションを購入する場合は注意が必要です。タワーマンションの設備は管理センターで一元管理されていたり、管理組合による工事内容のチェックが厳しかったりします。

管理組合の許可がおりなければ、プランが制約されてしまうことも。できれば物件の購入前にリフォーム・リノベーション会社に相談し、「希望通りにリフォーム・リノベーションできるか」を確認しましょう。

日本橋/人形町/水天宮/八丁堀/新富町/新川/佃/月島/勝どき/豊洲/晴海