娘・息子家族と暮らすリフォーム

娘・息子家族と暮らせるように、自宅をリフォーム。それぞれのライフスタイルに合わせたプランをご提案。

子育てのサポートや病気の看病など、同居はお互いにたくさんのメリットがありますね。しかし「娘(息子)一家と暮らしたいけど部屋数が足りない」「玄関と水まわりは別々がいい」など、今のお住まいのままでは不便なことが多いのではないでしょうか。画一的なプランでリフォームしてしまうと、後々トラブルになりかねません。生活スタイルの異なる二世帯が暮らすには、オーダーメイドのプランニングが必要です。クラフトでは、事前に子世帯と親世帯のご要望を徹底的にヒアリング。ほどよい距離感で暮らせる間取り・それぞれの好みにフィットするデザインをご提案しています。
また、リフォーム費用を子世帯が出すと〈贈与税〉が発生するなど、同居リフォームならではの問題も。一方で、同居は相続時に〈小規模宅地等の特例〉という特例措置を使えるメリットも。クラフトなら税金対策も含め、トータルでご相談いただけます。

  • 娘・息子家族と暮らすリフォーム
  • 娘・息子家族と暮らすリフォーム
  • 娘・息子家族と暮らすリフォーム

娘・息子家族と暮らすリフォーム POINT

  • 1

    親世帯・子世帯の理想を
    どちらも叶える住まい

    「娘夫婦と意見が合わず、要望がまとまらない…」なんて話を聞くことも。
    クラフトでは、それぞれの世帯からご要望を丁寧にヒアリング。優先順位をつけながら、それぞれが満足できる住まいをご提案します。

  • 2

    ご希望の距離感に合わせた
    ストレスフリーの間取り

    二世帯住宅は基本的に〈完全分離型〉〈部分共有型〉〈完全同居型〉の3つのタイプ。「孫の顔を見やすい」「体調がすぐれない時、気づいてもらえる」など、ご希望に合わせた間取りをご提案。お互い心地よく暮らせる間取りを叶えます。

  • 3

    贈与税・相続税といった
    税金対策のご相談も

    ご自宅のリフォーム費用を娘さん・息子さんご夫婦が負担すると〈贈与税〉が発生。一方、同居が将来の〈相続税対策〉になることが。税金対策についても、提携パートナーの税理士事務所にご相談いただけます。