イベントレポート/MUJI Renovation Club トークイベント

先日、2月23日(日)にMUJI Renovation Club トークイベント@銀座に参加させていただきました。

 

こちらのイベントは、リノベーションで家づくりをしたご家族から、
家づくりのリアルな体験とその後の暮らしについてのお話しをうかがい、
リノベーションに関心をもつ皆様と体験を共有していこう、というもの。

シリーズ4回目となる今回は、
クラフトが手がけた都内のKさんのお住まいを、ブルースタジオの石井さんが訪問。
実際の住み心地を体感したうえで、石井さんからKさんご夫妻と
クラフトでマネジメントを担当した櫻井にざっくばらんに質問をぶつけ、
対話をとおして「住まいづくりとは、感じ良い暮らしとは何か」について考えていきました。

 

Kさんからは、リノベーションを考えたきっかけから、リノベ会社探しの過程、
実際にコンタクトをとったリノベ会社(4社)の対応などについても具体的なお話しがありました。

リノベ会社探しは、情報が集めやすいネットを中心に探すことからスタート。
コンタクトを取った複数のリノベ会社からプランの提案がありましたが、
それらを見ても、やりたいことを我慢しなくてはいけないような、何か腑に落ちないモヤモヤ感があったそう。

そのような中、HPで見たクラフトの事例が、奥様の好みのテイストにぴったりだったことから、
青山のモデルルームを訪問していただき、Kさんとクラフトとの出会いとなりました。

 
【before】

 
【after】

当初は、3階建てのご実家の2-3階の居住スペースをリノベーションして、
お母様、お祖母様との同居を考えていたKさん。
ところが、クラフトから最初に出された提案プランは、
1階の倉庫部分をリノベーションして居住スペースにする、という全く想定外のもの。

ですが、リノベーション後のイメージを提案したVRを見て、
「本当にこれがあの倉庫なの?」と、大きな衝撃を受けると同時に、
「これだ!」と、直感したそうです。

奥様は、リノベーションで実現したいこと、実現したい生活について
自分のこだわりを全てノートに書き出し、家づくりにのぞまれました。
これら一つひとつに漏れがないようにチェックしながら、要望をつぶしていったそうです。
結果、設計側とのいきちがいも一切なし。
「要望を全部出し切ることが家づくりの成功のコツ!」と、言い切っておられました。

 

倉庫だったことを思い出させるのが、リビングとダイニングキッチンを仕切る特徴的なブレース(筋交い)。
当初、ご主人は、「家の真ん中にバッテンがあるのってどうなのか?壁にするのでは?」と思っていたそうです。
そのブレースを壁で隠さずに逆にデザインに活かしたことで、こちらの家のシンボルとも言えるような存在感が生まれました。

 

リビングとダイニングキッチンは、段差を設けることで立体的で変化に富んだワンルームに。
「部屋に段差という、思いがけないワクワクする提案だった」と、Kさんは当時を振り返ります。

倉庫の特徴である天井の高さは、開放的なLDKのほか、ロフト付きの子供部屋としても活かされています。
ただ、居心地が良すぎてこもりっきりにならないように
子供部屋のスペースは最小限にし、その分リビングダイニングを広げています。
プランニングによって家族それぞれに快適な居場所がつくられ、
家族とのちょうどいい距離感、が自然に生まれているようです。

家づくりの主導権は、終始、奥様にあったかに思われるご夫妻ですが、
実は新しい住まいによって暮らしの変化が一番大きかったのは、ご主人の方かも。

 

これまで全く興味がなかったお料理に目覚めたのは、キッチンからの開放感が気持ち良かったから。

 

“小洒落た居酒屋風“を目指した書斎は、まさに男の隠れ家。ひとりの時間を充実させる空間です。
最後に、「こちらの家に住んで1年ほどたった今の、率直な感想は?」との質問に
「良いことしかない、大満足です!」とのお答えが。

家づくりと、できあがった住まいに、これだけ満足できる秘訣って何なのでしょう?
シンプルですが、
やりたいことをはっきりさせて、要望を出し切って、納得して、何より楽しむこと。

住む人にも、つくった人にも幸せなリノベーションを実現するヒントがたくさん見つかる、
そんなお話しをうかがうことができました。
 
 
企画部

2020 3/4 11:33 Posted by イベント

CERA TRADING(セラトレーディング)で水まわりの勉強会

洗面台やバスタブなどの水まわり商品は、各メーカーからモデルがたくさんでているため

「どれにしたらいいかわからない」

という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
でも水まわりは、みなさんが思っている以上に心地よさに影響します。
ハイクラスなホテルになるほど水まわりが美しいのは、”いかに水まわりが上質な居心地をつくるか”を
一流ホテルが当然のように理解しているからです。

 

クラフトのデザイナーも『お客さまへ素敵な水まわりをご提案をしたい』といつも思っています。
そんな中、セラトレーディングさんが乃木坂にある東京ショールームで勉強会を開催してくださいました。

 

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、セラトレーディングさんは
欧米の洗面ボウルや水栓などを輸入している“水まわり専門”の商社。

ザ・リッツ・カールトン東京、ザ・ペニンシュラ東京など一流ホテルや
パークコート赤坂檜町ザタワー、ザ・ハウス南麻布など、高級マンションに採用されている会社です。
TOTOのグループ会社なので、メンテナンスや保証に安心感を寄せる声もあります。

まずはスライドで、ホテルの納品事例をご紹介いただきました。
 

”一流ホテルがバスルームにこだわる”というのは当然かもしれませんが
最近では海外のバジェットホテル(お手頃価格のホテル)でも、
水まわりにこだわるケースが増えてきているそう。

ホテルの部屋のインテリアに合わせて水まわりをデザインし、
その空間にフィットするシャワーヘッドや洗面ボウルを取り入れる。
または、洗面ボウル自体、個性的なものをセレクトし、際立たせる。

「ただ泊まれたらいい」という考えではなく、ゲストをいかに楽しませ、
サプライズを与えるかということを大切にしているようでした。

住まいもまったく同じ。
 
CRAFTリフォーム事例#17068

 
CRAFTフォーム事例#433

クラフトのお施主さまの中には、LDKなどパブリックスペースだけでなく
バスルームなど〈人には見せないけど、毎日使う場所〉にこだわる方が多くいらっしゃいます。
そういうときは、デザイナーもとことんお付き合いさせていただいています。

セラトレーディングの方は「水まわりのインテリア化が進んでいる」
とおっしゃっていましたが、クラフトのお施主さまだけでなく、
全体としてそういう傾向になってきたようですね。

続いて、ショールーム内をご案内いただきました。

 

 

 

1階はバスタブやシャワー、キッチン水栓が中心。地下1階は洗面ボウル。
たくさんの商品が並んでいます。
水まわりのアイテムをまとめて見たい方には便利ですね。

 

先ほどご紹介いただいたホテルで多かったのが
ベッセルタイプ(カウンターに置いたように見える)の洗面ボウル。

クラフトでも、空間のインテリアによってはこちらのタイプを採用することも。
デザインのバリエーションも多いので、ここで個性を出しやすくなります。

 
またホテルと言えば、オーバーヘッドシャワー。海外のホテルには必ずと言っていいほどあります。
入浴文化のない欧米人が身体をあたためるために取り付けるのですが、
最近では日本のご家庭につけるケースも増えているとか。
”ホテルライクなバスルーム”をご希望の方にはおすすめです。

パウダールームも素敵です。
こちらは美術館がテーマのレディース。
 

広々とした空間に、R(曲線)の壁。白で統一された空間。
片面はカガミ張りで、ゴージャスでホテルライクな雰囲気でした。

書斎をテーマにしたメンズトイレも見学させていただきました。
 

こちらはダークトーンで統一されたクラシカルなインテリア。
壁には本棚があり、プライベート空間のようで、読書に集中できそうです。
こちらはショールームのゲスト用なので、みなさんも実際に利用できます。

たくさんの水まわり商品を一挙に見ることができ、とても充実した時間となりました。
ほどよい広さの空間に、水まわりの主要アイテムがゆったりとレイアウトされているため
ショールームがはじめての方でも、落ち着いてみることができます。
これからリフォームする方は、イメージづくりで訪れてみてはいかがでしょう。

上質な水まわりは、私たちの日常に安らぎを与えてくれるはずです。

CERA TRADING web

企画部

2018 12/20 11:44 Posted by イベント

イベントレポート/MUJI Renovation Club トークイベント

先週、MUJI Renovation Club トークイベント@有楽町に参加させていただきました。(以前の様子はこちらをご覧ください)

 

「リノベーションするぞ!」という方よりも、「リノベーションって何ができるのかな?」「どれだけキレイになるのかな?」という方に向けてのイベント。幅広い年齢層の方が集まっていらっしゃいました。

 

最初は、ブルースタジオの石井さんによる基礎講座。日本の住宅事情や、欧米との比較などをわかりやすくご紹介してくださいます。

「日本の住宅供給は特殊だ」と話す石井さん。ハウスメーカーやデベロッパーが勝手に間取りやデザインを決めて家をつくり、供給するスタイルは世界的に見てもめずらしいそうです。とくに、新築マンションの「売れる価格」から、部屋の間取りや仕様を決決めていくというやり方は、残念ながらこれからも変わりそうにありません。

そこで「もっと自分たちの手で、暮らしに合った家をつくろう」というのがリノベーションの考え方なのです。

 

リビタの大嶋さんは、「住みたい街に新築を見つけることのむずかしさ」を語ったうえで、供給量の多い中古住宅を買い、リノベーションすることのメリットをとても分かりやすく話してくださいました。

印象的だったのは、「中古を買ってリノベーションは『気持ち』が大切です」と言う言葉。「この街で暮らしたい」「家族の時間を大切にしたい」という”想い”が、物件探しやプランニングの判断材料になります。

 

そしていよいよクラフトの登壇。営業担当の櫻井が手掛けた、マンションと戸建ての2つの事例をご紹介させていただきました。

 

〈case1〉

1つ目は、「自分の好きな空間にしたい」と、マンションを買ってリノベーションされたDさん。物件探しからクラフトにお任せいただきました。共働きでお忙しいなか、10件も内見してやっと見つけた理想の住まいです。

 

この景色が家全体に広がるように、オープンキッチンのある開放的なLDKをご提案。部屋と部屋がFIXガラスでつながり、自然光を共有。同時に小さなお子さまの気配も伝わってきます。キッチン~洗面室~廊下をつなげるなどして家事動線を見直し、奥さまの家事のご負担が少しでもラクになるように。

◯事例の詳細はこちらからご覧ください

〈case2〉

2つ目は、お住まいの築30年の木造戸建てをリノベーションされたSさん。築30年の木造ということもあり、設備もインテリアもかなり年季がはいっているご様子。「家族みんなでくつろげる広いLDKがほしい」というご要望をいただきました。

 

「クラフトの青山モデルルームが好み」ということで、ヨーロピアンオークの無垢フローリングや漆喰を使って自然素材のぬくもりを。構造をしっかりと検討し、空間をジャマする柱を減らして開放感をアップしました。

LDKの中央にはフルフラットキッチンをレイアウト。インテリアとしての役割を与えています。奥さまは小さなお子さまたちを見守りながら、気持ちよくキッチンに立てるようになったそうです。

◯事例の詳細はこちらからご覧ください

 

短い時間でしたが、みなさんとても熱心にうなずきながら耳を傾けてくださいました。

マンションも戸建ても、共通していえるのは『どんな暮らしがしたいか』をイメージすることです。

「趣味をたのしみながら過ごしたい」
「家族といつも一緒がいい」
「家事をラクにしたい」
「モノがでないホテルライクな暮らしがしたい」

といった理想から、プランが決まっていきます。

これからリノベーションをする方は、この「どんな暮らしがしたい」をリノベーション会社に伝えてください。それらが、みなさんの想像を超える「間取り・デザイン」の足がかりになるからです。クラフトでは、物件探し+リノベーションのワンストップサービスも行っています。ぜひお気軽にご相談下さい。

物件探し+リノベーション〈ONE

企画部 中野(瀬)

2018 9/22 8:48 Posted by イベント