珪藻土の左官仕上げに

今回のリフォーム現場は、天井を珪藻土で仕上げました。

今ではすっかり有名になった珪藻土仕上げ。
みなさんもご存知の通り、調湿効果・脱臭効果・ホルムアルデヒド吸着分解効果などを期待できます。
こちらは左官仕上げなので、左官屋さんにお願いしました。

今回使用した材料は、フジワラ化学株式会社の「シルタッチSR」。
 
クラフトのリフォーム現場でよく使用する、珪藻土の材料です。

仕上げ方は「押さえ仕上げ」になります。
仕上げ塗りのあとに1回コテで押さえて、フラットに仕上げていく方法です。

ケイソウ土の下地は9.5㎜厚の石膏ボード2層貼り。
左官や塗装仕上げでは、標準で2層貼りをしています。

1日目は、下地塗りです。
 

塗った材料が乾ききる前に全面塗らなければならないので、
今回は左官屋さん3人来てもらいました。
その後1日乾燥期間をもうけ、3日目に中塗り・仕上げ塗りとなります。

まずは中塗り。
 

1日目と同じように3人の職人さんに施工していただいています。

中塗り後はこちら。
 

このように、わざとコテムラを出す仕上げも味があって格好いいですね。
半乾きにするため、1時間~2時間程度待機します。

そのあと仕上げ塗りとなります。
 

最後に、霧吹きで湿らせてコテ押さえでフラットにして完成です。

 

珪藻土特有の質感や、自然光が当たった時のムラ感など
塗装とはまた違った趣があります。
みんなで「うまくいったね~」なんて話しながら、ふと外履きを見ると

  僕の靴もキレイに仕上げてくれていました…。

「調湿も脱臭もできてサイコーじゃん!」と左官屋さんは言ってました。
どうもありがとうございました。

施工担当:前田

2019 4/17 9:47 Posted by 施工

「サンフット」を施工しました

今回の現場では、「サンフット」を施工しました。

「サンフット」とは株式会社北三さんの商品。
天然木を1mm以下でスライスした薄い板(突板)を、シート状に加工したものです。

 

現場施工が可能で、天然の木目を切れ目なく広い面に貼り付けることができます。
高価ですが、アクセントとして使用すると高級感が生まれます。

樹種も豊富で、チークからオーク、サペリ、ローズウッドと銘木がずらり。
美しい木目の樹種が世界中から集められており、インテリアに合わせてセレクトできます。
ただし、あくまでも天然素材。水まわりなどはシミになりやすく不適です。
サンフットは主に商業施設などに使用されており、今回のようにリフォームに使うのは珍しいかもしれません。

完成すると、こちらのイメージCGのように重厚感のある仕上がりになる予定です。
 
(完成イメージCG)

そしてこちらが完成時の写真です。

家具屋さんと建具屋さんとサンフット屋さんの3社で連携し、テレビ周りの家具と建具をサンフット仕上げに。
さらに壁と家具と建具が、ひとつの連続した壁に見えるように建具形状を工夫しています。

 

似た仕上げで、プリントの木目シートというものがあります。
プリントレベルが本物に近づいているとはいえ、天然木のサンフットの木目には味わい深いものがありますね。

 

お引き渡しは無事に終わり、お施主さまにもとても喜んでいただけました。

施工担当:前田

2019 3/8 9:59 Posted by 施工,施工担当

中庭に、水盤をつくりました

『水盤』とは、浅い水面のこと。
水面に光を反射させ、リラックス効果を演出したり
水のゆらぎによって、涼やかさを演出したり。
高級マンションやホテルのエントランス・中庭でも見かけることがありますね。

今回の現場では、リビングに面した中庭に、清涼感ある『水盤』をつくりました。
水盤内の水を吐水口までポンプで送り、静かな滝のように吐水させ、循環する計画です。
中庭には既存の段差があり、そちらの地形をうまく利用して製作していきます。

コンクリートを打ち込んで、水盤の下地がだんだん出来てきました。
 

しっかりと防水。
 

水盤の底面には、光ファイバーを仕込みました。
 

 

光ファイバーの光がタイルの目地にランダムに出るように、オレンジ色の筒の中で遊びをつくっています。

水盤内には、モザイクタイルを貼っていきます。
その際に、線をランダムに出していく。
 

 

写真ではわかりにくいのですが、線の太さが3種類ほどあり、光の大きさが違います。
 

水盤の奥にあるスペースは、植え込みにしました。
空やグリーンが水面に映り込んで、より心が安らぐはずです。

周囲をデッキのフェンスで囲い、植栽を入れ完成です。
 

写真のように、プログラムにより様々な色が出せます。
また時間の経過によって、グラデーション等の色のパターンも組めるそうです。
 

薄暗くなってくると光が星空のように見え、水の音がとても心地よいです。
 

水盤は、LDKに面した中庭に設けているため
リビングやキッチンで過ごしていると、いつも視界に入ります。
 

ひと仕事終わると、ちょうど夕暮れ時。
最後はスタッフみんなで、うっとり眺めて終了となりました。

工事担当:松尾

2018 8/30 9:05 Posted by 施工