壁紙の個性

こちらのアンニュイな表情の女性が表紙の本、
いったい何に見えますでしょうか。

海外の写真集のようにも見えますが、
実は壁紙のカタログでした。
イギリスのmineheart社のもので、
フェイク柄のデザインが特徴的なブランドです。
壁紙自体も面白いものが多いのですが、
カタログだけを見ても1冊のアートブックのようで
デザイナーの意図が伝わってくる気がします。

以前に聞いた話ですが、
ヨーロッパ(といっても広いですが)ではこうしたカタログ自体が
その会社の作品であり、基本的にその年のコレクションとして
購入してもらうものであるということです。
日本のメーカーのようにカタログは当然タダ、
というわけではないのですね。
わたくしたちからすると無料でいただける
日本のカタログというのもありがたいものではあるのですが・・・。

先ほどの輸入壁紙ですが、
恵比寿の専門店にて拝見したものです。


棚には色とりどりのカタログが並び、
個性的な壁紙は新しい使い道を想像させてくれます。


(ドアにも壁紙!)


(森林浴もできます。)

ただしこの輸入壁紙、たいへん施工泣かせでもあります。
サイズが細幅のものが多く(52cm程度)、
素材も不織布、紙、織物など様々です。
また厚みが日本のものより薄く、
下地処理がより重要になります。
貼る際も、日本のものはジョイント部分も重ね合わせて
カットするのが一般的ですが、
輸入壁紙では隣同士の壁紙を突き合わせで施工することが多く
より精度を求められます。
リフォームをご検討される中で「輸入壁紙を使ってみたい」
とお考え中の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
その際には、施工箇所や費用面などのお打ち合わせを
させていただければと思います。

みなさんが素敵だな、と思うインテリアの写真は
もしかしたら、輸入壁紙がアクセントになっていているのかもしれません。

設計担当:武藤

2015 6/2 12:09 Posted by 素材・材料