自由が丘モデルルームのディテールのこと。

こちらのブログでも度々告知していますが、
クラフトは、これまでとは
テイストの違ったモデルルームをつくりました。

こんな事をやってみたい! といったアイデアは
デザイナーそれぞれが持っていますが、
いざそれを実際につくるとなった時に、
イメージや理想をカタチにできる様に様々な検討、
確認作業が必要です。

その過程を、ごく一部ですがご紹介します。

今回、建具や天井、壁と多くの場所に
框組を採用しています。


この框組も、アンティークのものを参考に再現しては
こちらのモデルルームのコンセプトと違ってしまうし、
かと言って、モダンな空間に合わせてシンプルにアレンジしても
「何だかイメージと違うな…」と思いました。

そこで、アンティークのもの、これまでつくられてきたものに
従いながらも、細かな部分を調整する事で
イメージに合うものを探ることにしました。

まずは、図面を書きながら検討をしますが、
凹凸のあるものですので、どうしてもカタチに
しないとわかりにくい。
そこで原寸の部分模型をつくり、
検討し、最終形を確定しました。


かなり短時間でつくったため
最後はとても粗いものになってしまいましたが、
イメージを掴むことができました。

仕上げ材でも、様々な仕上げを採用しています。

左官はリノベーションサイトでも取り上げていますが、
予め左官職人さんと、
写真で仕上げのイメージの打ち合せ
イメージの共有をしておいて、現場で
サンプル塗りをして、仕上げ方を決めました。

キッチンに採用している壁は金属塗装です。
金属の塗料を厚めに吹き付け削り落とし
磨いてもらうという工程でこちらも
職人さんの細かな手作業でできあがっています。

 

 

モザイクタイルでパターン柄を入れるという事も
やってみています。

どの様な模様が可能なのか、
どうレイアウトするといいのか。

模様が大きめに入っているのがいい。
模様は細かく沢山はいっている方がよい。
細かい模様の中に大きな模様もあるといい。
そんな様々な方向性でいくつも
パターンを作り決定をしていきました。


この図面は最終的に絞り込んだ後のものです。
もっとたくさんのパターンを考えていました。

さて選ばれたのはどれでしょう…。
自由が丘モデルルームで確かめてみてください。

これらは一部ですが、様々な試行錯誤をしながら
モデルルームをつくりました。

お客さまのお住まいをプランするときも
たくさんのパターンをご提案し、
そこから選んでいただくことになります。
皆さまには、この過程をたのしいな
と思っていただけたら、うれしいです。

そしていよいよ本日、自由が丘モデルルームがオープンしました。
たくさんのディテールに、大きな工夫を施しています。
お見逃しのないように!

設計担当:森