不思議なご縁

先日お引き渡しをした、とあるマンション物件のお客さまのお話です。
担当させて頂いた2つの物件が、偶然マンションの上下階(3階と4階)で
まったく同じ間取り、ということがありました。

同じマンションの別棟にお住まいのお客さま担当する
ということは何度かありましたが、
同じ位置の上下階を経験したのははじめてです。
それに加えてなんと、
マンション常駐の管理人さんがクラフトと古いつき合いのある元職人さん。
おまけ付きのご縁でした。

いつも工事現場に行く際に「社長は元気?」なんて話しかけてくれたり、
工事車両を駐車する際にも色々と便宜を図ってくれたりと、
すごくありがたかったです。

時期は少しずれて進行していきました。

冬の終わりに初めてお邪魔させて頂いたSさん。
お子さんの夏休みを利用して仮住まいをしたいとのご希望で、
打合せから竣工に至るまで、かなりタイトなスケジュールでした。

最初からグレージュ(グレーとベージュの中間色)がテーマで、
来客も多く”LDKには手を抜きたくない”というリクエストがあり、
妥協せずにひとつひとつ選んでいくこだわりのあるお客さまでした。

 
(プランニングのときに作成したイメージCGです)

遠方にご主人が単身赴任されていて、
小学生の2人のお子さんをかかえてお忙しい毎日をお過ごしの奥様でしたが、
根気強くリフォームに向き合って下さいました。

クローズだったキッチンをオープンにし
居室スペースをコンパクトに押さえてLDKを最大限まで広げました。
元々は梁の形状がやや目立った普通のお部屋でしたが、
間接照明を入れることにより梁にも存在意義が出て、
お部屋全体がすっきりとモダンな空間に変わりました。

少し間が空いて、4月にお会いさせて頂いたKさんのお宅は、
「天井や梁などを現しにして、スケルトンのイメージでシンプルに暮らしたい」
というご希望。

読書好きのご主人がこもるためのSOHOスペースや、
小さいお子さんのための小上がりスペースなどなど、
素材にこだわりながらプランニングしていきました。

 
(プランニングのときに作成したイメージCGです)

先に着工したSさん邸の解体後のお写真を、許可を得てKさんにご覧いただき、
躯体がどのような状態かも事前に把握することができましたし、
先行解体で得られる情報がわかった状態で計画できたため、
とてもスムーズなプランニングとなりました。

元は全く同じ空間だった2つのお宅が
異なる家族構成やリクエストでここまで違う空間に変わる、
という体験をさせていただきました。

Sさんのお宅はつい先日お引き渡し。
Kさんのお宅は目下工事中ですので、まだ写真はないのですが… 
CGの同じカットを見ていると不思議な気分です。

今また、こちらのマンションにお住まいの別のお客さまから
クラフトへリフォーム依頼を頂いているようです。
そちらは残念ながら私の担当ではありませんが、
またよいご縁があるといいなと願っております。

設計担当:鹿討

2015 9/15 9:35 Posted by デザイン・プランニング