craft award 2015

4月1日は、クラフト毎年恒例の〈craft award〉を開催しました。

〈craft award〉とは今回3度目となる社内イベントです。
営業部・設計部・工事部・経理部・企画部のみんなが

”2015年度に頑張った仕事”をそれぞれ発表し、
お互いの仕事内容を理解しつつ、刺激し合おうというもの。

今回も昨年と同じく、
フランク・ロイド・ライドの設計した
自由学園明日館の教室をお借りすることができました。

 

さて、始まりました発表タイム。
わたしたちは発表の順番を知らされていないので、
プレゼンテーターの設計部長に名前を呼ばれるたびに、場内がざわつきます。

しかし、3度目のアワードともなると、
資料や発表内容、プレゼンテーションの腕もかなり上達した印象でした。
各自10分の持ち時間しかないのに「あと2分!」と叫ばれてしまう人がほとんど。
それぞれ伝えたいことにあふれています。

 
工事担当の自虐的とも言える内容に

 
爆笑。
面白すぎてうっつぶしている人が2名。

というわけで、このように終始にぎやかに進んでいきました。
そもそも同じ社内なのに、部署が違うと細かい仕事まで見えてこないというのは
どの会社にもあるのではないでしょうか?

クラフトも40名ほどの会社で、
普段からわりとコミュニケーションをとっているのに
今回も「営業さんってこんなこともするんだ!」とか
「設計さんはこんなところを工夫しているのね」とか、
大きく唸りたくなる場面がたくさんありました。

午前の部は終わって、お昼休憩。
この日は関内の庭にある桜が満開でした。
 

お弁当を片手に、ぞろぞろと庭へ出ていく人も。
 
桜の木の下でランチタイムをたのしんでいます。

そして午後の部がスタート。

 
ランキング方式で3D(お施主さまに完成イメージを伝えるCG)伝える3D担当。
そのクオリティーもさることながら、
自ら審査委員をつとめるという斬新な発表スタイルに一同驚愕。

 
あるお住まいで、限られた空間を有効に使うのに苦心した若手デザイナー。
お子さまのためにロフトスペースを設けたことで、随分よろこばれたそうです。

そうして夜の部で、〈craft award2015〉の受賞者を発表。
大賞を含めて8名が受賞されました。

 

そして栄えあるクラフトアワード大賞は
 
企画部から出ました。

 

クラフトの認知度を高め、お客さまに興味をもってもらえるための
さまざまな試みを、漫画で表現するというクリエイティブな発表方法。
コマ割りが上手くて,大変分かりやすかったと評判でした。

その後はいつもながら宴に突入。
みなさまの前ではきりっとした姿を見せているであろう人々も、
こんな感じでくつろいでおりました。

 

 

今年も無事に向かえることができた〈craft award2015〉。
一人一人が目標を持って、きちんと成長することで
お客さまにご満足いただける住まいをお届けできるのだと思います。
来年もよりよい発表ができるように、がんばります!

企画部

2016 4/5 9:08 Posted by イベント