CERA TRADING(セラトレーディング)で水まわりの勉強会

洗面台やバスタブなどの水まわり商品は、各メーカーからモデルがたくさんでているため

「どれにしたらいいかわからない」

という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
でも水まわりは、みなさんが思っている以上に心地よさに影響します。
ハイクラスなホテルになるほど水まわりが美しいのは、”いかに水まわりが上質な居心地をつくるか”を
一流ホテルが当然のように理解しているからです。

 

クラフトのデザイナーも『お客さまへ素敵な水まわりをご提案をしたい』といつも思っています。
そんな中、セラトレーディングさんが乃木坂にある東京ショールームで勉強会を開催してくださいました。

 

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、セラトレーディングさんは
欧米の洗面ボウルや水栓などを輸入している“水まわり専門”の商社。

ザ・リッツ・カールトン東京、ザ・ペニンシュラ東京など一流ホテルや
パークコート赤坂檜町ザタワー、ザ・ハウス南麻布など、高級マンションに採用されている会社です。
TOTOのグループ会社なので、メンテナンスや保証に安心感を寄せる声もあります。

まずはスライドで、ホテルの納品事例をご紹介いただきました。
 

”一流ホテルがバスルームにこだわる”というのは当然かもしれませんが
最近では海外のバジェットホテル(お手頃価格のホテル)でも、
水まわりにこだわるケースが増えてきているそう。

ホテルの部屋のインテリアに合わせて水まわりをデザインし、
その空間にフィットするシャワーヘッドや洗面ボウルを取り入れる。
または、洗面ボウル自体、個性的なものをセレクトし、際立たせる。

「ただ泊まれたらいい」という考えではなく、ゲストをいかに楽しませ、
サプライズを与えるかということを大切にしているようでした。

住まいもまったく同じ。
 
CRAFTリフォーム事例#17068

 
CRAFTフォーム事例#433

クラフトのお施主さまの中には、LDKなどパブリックスペースだけでなく
バスルームなど〈人には見せないけど、毎日使う場所〉にこだわる方が多くいらっしゃいます。
そういうときは、デザイナーもとことんお付き合いさせていただいています。

セラトレーディングの方は「水まわりのインテリア化が進んでいる」
とおっしゃっていましたが、クラフトのお施主さまだけでなく、
全体としてそういう傾向になってきたようですね。

続いて、ショールーム内をご案内いただきました。

 

 

 

1階はバスタブやシャワー、キッチン水栓が中心。地下1階は洗面ボウル。
たくさんの商品が並んでいます。
水まわりのアイテムをまとめて見たい方には便利ですね。

 

先ほどご紹介いただいたホテルで多かったのが
ベッセルタイプ(カウンターに置いたように見える)の洗面ボウル。

クラフトでも、空間のインテリアによってはこちらのタイプを採用することも。
デザインのバリエーションも多いので、ここで個性を出しやすくなります。

 
またホテルと言えば、オーバーヘッドシャワー。海外のホテルには必ずと言っていいほどあります。
入浴文化のない欧米人が身体をあたためるために取り付けるのですが、
最近では日本のご家庭につけるケースも増えているとか。
”ホテルライクなバスルーム”をご希望の方にはおすすめです。

パウダールームも素敵です。
こちらは美術館がテーマのレディース。
 

広々とした空間に、R(曲線)の壁。白で統一された空間。
片面はカガミ張りで、ゴージャスでホテルライクな雰囲気でした。

書斎をテーマにしたメンズトイレも見学させていただきました。
 

こちらはダークトーンで統一されたクラシカルなインテリア。
壁には本棚があり、プライベート空間のようで、読書に集中できそうです。
こちらはショールームのゲスト用なので、みなさんも実際に利用できます。

たくさんの水まわり商品を一挙に見ることができ、とても充実した時間となりました。
ほどよい広さの空間に、水まわりの主要アイテムがゆったりとレイアウトされているため
ショールームがはじめての方でも、落ち着いてみることができます。
これからリフォームする方は、イメージづくりで訪れてみてはいかがでしょう。

上質な水まわりは、私たちの日常に安らぎを与えてくれるはずです。

CERA TRADING web

企画部

2018 12/20 11:44 Posted by イベント